ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月10日  建設局

チリマツの記念植樹式を行います

今年2017年、日本とチリ共和国は国交樹立120周年を迎えました。
このたび、これを記念し、チリ共和国よりエドゥアルド・フレイ元大統領 アジア太平洋特命大使が訪日され、友好親善のシンボルとして東京都にチリマツが寄贈されることとなりました。
ついては、下記のとおりチリマツの記念植樹式を執り行いますのでお知らせします。

1 式典名

日本・チリ修好120周年 チリマツ記念植樹式

2 日時

平成29年10月17日(火曜日)午前9時30分から10時00分まで

3 場所

都立神代植物公園 芝生広場 ※雨天時は同園大温室で行います

4 式次第

  1. 主催者挨拶(東京都副知事)
  2. 来賓挨拶(エドゥアルド・フレイ チリ共和国元大統領、佐藤正久外務副大臣)
  3. 来賓紹介
  4. パネル引渡し
  5. 謝辞(東京都外務長)
  6. 記念植樹

※出席者については変更の可能性があります。

5 主催

東京都

参考

チリマツ Araucaria araucana (別名 モンキーパズル)
ナンヨウスギ科の針葉樹。チリ、アルゼンチンの国境地帯などアンデス山脈の南部に限られて自生し、成木は樹高30メートルに及ぶ大木となる。若木の幹や枝が尖った葉で覆われることから、サルも登るのに困るという意味で「モンキーパズル」の別名を持つ。
個体数の減少から、2013年にはIUCNのレッドリストに掲載された。
チリの国樹。

写真

※ 式典会場案内図(PDF:239KB)

問い合わせ先
建設局公園緑地部計画課
電話 03-5320-5372

 

ページの先頭へ戻る