ここから本文です。

報道発表資料  2017年10月03日  生活文化局

多様な主体との連携講座のお知らせ
食品ロス削減シンポジウム

国連において「持続可能な開発目標(SDGs)」が掲げられ、国内外において持続可能な社会の構築に向けた取組が進められています。
そこで、東京都では、食品ロスと環境問題をテーマにシンポジウムを開催します。
消費者、事業者、行政がそれぞれの取組を紹介し、持続可能な社会の実現に向けた消費行動について考える機会とします。

開催日

平成29年11月30日(木曜日)14時00分~16時45分(13時30分開場)

会場

東京ウィメンズプラザホール
(渋谷区神宮前5-53-67)

第1部

基調講演

「食料ロス及び廃棄の現状とその環境への影響」
国際連合食糧農業機関(FAO) 駐日連絡事務所長
ンブリ・チャールズ・ボリコ 氏

講演

「食品ロス削減の推進に向けた東京都の取組」
東京都環境局資源循環推進部長 谷上裕 氏

第2部

事例報告

  • 国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)
    総務部マネジャー 中川大輔氏
  • 日本生活協同組合連合会 環境事業推進部長 板谷伸彦 氏
  • NPO法人 持続可能な社会をつくる元気ネット
    事務局長 鬼沢良子氏

※質疑応答は事前にいただいている質問に対して登壇者が答えます。

共催

東京都/国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)/日本生活協同組合連合会

後援

国際連合食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所

締切

11月20日(月曜日)

※詳細は別紙(PDF:1,719KB)をご覧ください。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5 まちの安心・安全の確保」

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
電話 03-3235-4167

 

ページの先頭へ戻る