ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月29日  産業労働局

〔別紙〕

インキュベーション施設運営計画認定事業

1 事業概要

本事業は、民間事業者等による創業支援の取組を後押しすべく、創業支援施設の運営に係る事業計画のうち一定の基準(※)を満たしたものを東京都が認定し、当該事業(施設)の紹介、事業者間の交流等を行うものです。

(注)認定を受けた事業者(施設)の運営行為を、東京都が保証したり、責任を負うものではありません。

※一定の基準とは(主なもの)

  1. 過去1年間以上、創業支援実績があること
  2. 創業支援に係る実効的かつ継続的な運営計画があり、インキュベーションマネージャーが適切に配置されていること

「一般向けインキュベーション施設」の場合は、1. 2.に加え、

  • 起業家向けの施設であること
  • 個別の貸事務室の合計面積が50平方メートル以上であること
    (一室あたりの面積が概ね5平方メートル以上であり、概ね10平方メートル以上の部屋が1室以上あること)

「女性向けインキュベーション施設】の場合は、1. 2.に加え、

  • 主に女性又は子育て中の起業家向けの施設であること
  • オフィススペース(個別の貸事務室やコワーキングスペース等)の合計面積が50平方メートル以上であること
  • 託児スペース等を有すること

2 事業スキーム

図

3 事業認定取得の主なメリット

  1. 東京都ホームページにおいて認定事業(施設)を紹介します。
  2. 認定事業者等の交流会(勉強会)に参加できます。
  3. 認定事業者のうち、中小企業者等の団体は、東京都中小企業振興公社の「インキュベーション施設整備・運営補助金」の申請が可能になります。
    (※認定事業者であること以外にも必要となる「申請要件」があります。)
  4. 本事業の認定を受けた施設への入居者は、東京都中小企業振興公社の「創業助成事業」を申請できます。

4 次回募集時期

平成30年度を予定

ページの先頭へ戻る