トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 手話で楽しむ TOKYOみみカレッジを開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月25日  福祉保健局, 公立大学法人首都大学東京

大学生と一緒に考える。手話で楽しむ。
いろんな言葉、広がる世界
TOKYOみみカレッジ

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、聴覚障害者が、安心して東京を訪れることができるよう、東京都と公立大学法人首都大学東京、NECが協働で、手話及び聴覚障害についての理解と関心を深めることを目的としたイベントを開催します。
大友花恋さんをゲストにラジオ公開録音を行うほか、学生手話サークルによるステージ発表、首都大学東京室田信一准教授らによる基調講演など多彩なイベントを予定しています。

「TOKYOみみカレッジ」ロゴ

1 日時

平成29年11月19日(日曜日)10時00分から16時30分まで

2 会場

首都大学東京南大沢キャンパス(八王子市南大沢一丁目1番)

3 主催

東京都

4 共催

公立大学法人首都大学東京、NEC

5 協力

東京都聴覚障害者連盟、東京都中途失聴・難聴者協会

※手話通訳等情報保障有

6 参加者

都内在住・在学の学生及び一般参加者

  • 入場無料
  • ワークショップのみ要事前申込

申し込みはイベント事務局(外部サイトへリンク)
応募者多数の場合、抽選になります。

ステージプログラム

10時30分~12時15分

  • オープニングセレモニー
  • 学生による手話パフォーマンス等(大学生・高校生手話サークル等の出演)

13時00分~14時30分

  • 基調講演(パネルディスカッション)
    室田信一氏(首都大学東京 都市教養学部 准教授)
    首都大学東京ボランティアセンター職員
    首都大学東京の学生

14時40分~16時30分

  • 大友花恋さんをゲストに文化放送ラジオの公開録音と手話に関するトークショー
  • 「デフリンピック競技大会サムスン2017」メダリストからの報告
  • HANDSIGNミニライブ ほか

教室プログラム

  • 学生参加型ワークショップ「異言語脱出ゲーム」等
  • NECによる、2020年に向けた国際手話の体験ワークショップ等
  • 聴導犬デモンストレーション(日本補助犬協会) ほか

その他

「手話のミニカレッジ(手話の入門講座)」及び「手話deモギ店」ほか

※詳細は別紙(PDF:1,127KB)をご参照ください。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱4 障害者がいきいきと暮らせる社会」

問い合わせ先
福祉保健局障害者施策推進部計画課
電話 03-5320-4147

ページの先頭へ戻る