トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 「選手村地区エネルギー事業」 事業予定者を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月19日  都市整備局

「選手村地区エネルギー事業」 事業予定者の決定について

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)後の選手村では、新技術の活用により、災害時の自立性の確保や、快適性とエコな暮らしの両立を図るなど、環境先進都市のモデルとなるまちの実現を目指しています。
本年6月から、「選手村地区エネルギー整備計画」(本年3月策定)の整備内容を実施する民間事業者の募集を開始し、8月に提案書を受け付けました。
この度、審査委員会から審査結果の報告を受け、下記のとおり事業予定者を決定しました。

(1) 事業予定者

1グループ

  • 構成員(※は代表者)
    ※東京ガス株式会社
    JXTGエネルギー株式会社
    パナソニック株式会社
    株式会社東芝

「選手村地区エネルギー事業」事業予定者選定結果」(PDF:595KB)

(2) 審査方法

  • 外部有識者により構成される「選手村地区エネルギー事業審査委員会」を設置し、応募者からの提案を評価
  • 審査委員会の意見を踏まえ、東京都が事業予定者を決定

(3) 事業予定者の選定経緯

平成29年 3月30日 事業実施方針の公表
平成29年 6月9日 事業者募集要項等の公表
平成29年 8月1日 提案書等の受付
平成29年 9月1日 審査委員会による事業応募者ヒアリングの実施

(4) 提案書の概要

  • エネルギーの多重化により低炭素化、省エネ、都市のレジリエンスの強化を実現
  • 防災、水素啓発、コミュニケーションの3つの機能を持つ拠点の整備
  • 環境先進都市モデルの進化に向けた協議会と東京2020大会時のPRの具体化に向けた検討会議の設置

(5) 今後の予定

平成29年 10月頃 基本協定の締結

(参考)事業予定者から提出されたイメージ

図

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱6 多様な機能を集積したまちづくり」

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:環境 プロジェクト名:水素エネルギー利活用の推進」

問い合わせ先
都市整備局市街地整備部企画課
電話 03-5320-5112

 

ページの先頭へ戻る