トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 官民連携再生可能エネルギーファンドの投融資

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月19日  会計管理局

官民連携再生可能エネルギーファンドの投融資案件について

今回、東京都が進めてまいりました、官民連携再生可能エネルギーファンド事業において、群馬県吾妻郡嬬恋村及び福島県南相馬市における太陽光発電事業に対して投融資が実行されましたので、下記のとおりお知らせします。
今回の投融資案件については、太陽光発電所の建設により再生可能エネルギーの導入を促進するものであり、また、福島県の案件については、東日本大震災の被災地に太陽光発電所が建設され、震災後の地域の復興と活性化に貢献していくことも期待されます。
このファンド事業は、再生可能エネルギーの東北地方等における広域的な普及拡大及び都内での導入促進等を目的に推進しており、JAGインベストメントマネジメント株式会社及びスパークス・アセット・マネジメント株式会社がファンドを運営しております。

1 JAG広域型ファンド

  • ファンド名称
    T・JAGグリーンエナジー投資事業有限責任組合
  • 今回の投融資対象
    嬬恋ソーラーウェイ合同会社 (発電所所在地:群馬県)

2 スパークス広域型ファンド

  • ファンド名称
    スパークス・官民連携再生可能エネルギー・一括払込型投資事業有限責任組合
  • 今回の投融資対象
    SGET南相馬メガソーラー合同会社 (発電所所在地:福島県)

※投融資案件の概要は別添資料1(PDF:225KB)をご覧ください。
※既発表分を加えたこれまでの案件につきましては別添資料2(PDF:324KB)をご覧ください。

問い合わせ先
会計管理局管理部公金管理課
電話 03-5320-7785

ページの先頭へ戻る