ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月14日  建設局, (公財)東京動物園協会

〔別紙〕

多摩動物公園
動物慰霊祭

当園では、平成28年9月から平成29年8月までの1年間に死亡した動物たちのために、慰霊祭を行います。動物たちへの想いを胸に、ぜひ献花にお越しください。

1. 日時

平成29年9月23日(土曜日・祝日) 13時30分~14時00分

2. 場所

動物慰霊碑前
※悪天候時は場所を変更することがあります。

3. 内容

  1. 園長あいさつ
  2. 主な慰霊動物の紹介
  3. 代表慰霊動物(チンパンジー「サザエ」)への弔辞
  4. 職員と当日来園された方々からの献花(花は当園で用意します)
写真
【代表慰霊動物 チンパンジー「サザエ」】

主な慰霊動物一覧

動物種名 名前 性別 死亡年齢 死亡日 飼育期間 エピソード
ニューサウスウェールズコアラ ミリー メス 16歳5ヵ月 2017年1月30日 2年4ヵ月 ミリーは2000年8月23日に生まれました。小さなころから活発で、隣の部屋の木に飛び移ったという武勇伝があります。また大変に気が強く、ペアリングに行った先のオスとケンカをして勝ってしまったこともありました。それでも、2頭の子どもを産み育てあげました。2014年に多摩に戻ってからは穏やかに過ごしました。
チーター キキョウ メス 13歳9ヵ月 2017年2月19日 9年4ヵ月 2007年10月10日に南アフリカの繁殖センターから来園しました。計4度出産、子育て上手で子ども思いの優しいチーターでした。産まれた子どもたちは全国の動物園で今も活躍しています。
アミメキリン サンゴ メス 17歳5ヵ月 2017年2月27日 17年5ヵ月 1999年9月26日に当園で生まれました。出生時の体重は約40キログラムで、通常よりもかなり小さい体でした。おとなになっても体は小柄なままでしたが、きれいに伸びた長い尾がとても印象的でした。
一度も子宝に恵まれることはありませんでしたが、穏やかな性格で、キリンの子どもたちにとっては、安心してすぐ隣で過ごすことのできる、頼りがいのある個体でした。
チンパンジー サザエ メス 推定32歳 2017年6月9日 25年4ヵ月 1992年2月6日に来園しました。まっすぐで不器用、覚えた人に対しては挨拶をする義理堅い性格でした。
また、子ども好きだったサザエは育児放棄された子どもを養子に迎えたこともあり、現在当園では、実の子のミルと養子のジンが元気にくらしています。
ライオン プンバ メス 21歳 2017年7月25日 21年 1996年7月24日に当園で生まれました。群れの中では雌雄問わずに一目置かれる存在で、多くの個体から挨拶されていたのが印象的でした。群れを離れてからは姉妹であるサラビとのんびりと過ごしていました。
チーター リリー メス 7歳10ヵ月 2017年8月4日 7年10ヵ月 2009年9月22日に当園で生まれました。長らくよい繁殖相手がいませんでしたが、新しく来園したムツという個体とは相性がよく、今年6月に出産。残念ながらリリーは死亡しましたが、4頭の子どもたちは力を合わせて着実に成長しています。

ご案内

【多摩動物公園】

  • <開園時間> 9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
  • <休園日> 毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
  • <入園料> 一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

 

ページの先頭へ戻る