ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月14日  建設局, (公財)東京動物園協会

〔別紙〕

恩賜上野動物園
動物慰霊祭

恩賜上野動物園(園長 福田豊)では、平成28年9月から平成29年8月までの1年間に死亡した動物たちのために、動物慰霊祭を行います。動物たちへの想いを胸に、ぜひ献花にお越しください。

1. 日時

平成29年9月23日(土曜日・祝日) 13時30分~14時00分

2. 場所

東園・動物慰霊碑前(ゾウ舎横)

3. 内容

  1. 園長あいさつ
  2. 主な慰霊動物の紹介
  3. 代表慰霊動物(インドライオン「アニタ」)への弔辞
  4. 職員と当日来園された方々からの献花(花は当園で用意します)
写真
【代表慰霊動物 インドライオン「アニタ」】

【主な慰霊動物一覧】

動物種名 名前 性別 死亡年齢 死亡日 飼育期間 エピソード
カリフォルニア
アシカ
キョウカ メス 4歳 2016年10月22日 2年8ヵ月 2012年6月23日に浜松市動物園で生まれ、繁殖のため2014年1月27日に来園しました。
水中を元気よく泳ぎまわる姿が来園者の注目を集めていました。
カンムリシロムク - オス 17歳 2016年10月27日 17年7ヵ月 1999年3月20日に当園で生まれました。最後の1羽だったので、当園ではカンムリシロムクは見られなくなりました。
オオタカ - オス 不明 2016年11月11日 18年8ヵ月 1998年3月3日に来園しました。最後の1羽だったので、当園ではオオタカは見られなくなりました。
インドライオン アニタ メス 14歳 2017年3月28日 14年10ヵ月 2002年5月3日に、オスのモハン、メスのシャクティとともに上野動物園で生まれました。
「アニタ」は「優雅」という意味合いのヒンディー語から由来して名づけられました。
ニホンキジ - オス 11歳 2017年4月2日 11年10ヵ月 2005年5月29日に当園で生まれました。最後の1羽だったので、当園ではニホンキジは見られなくなりました。
フォッサ アンバー メス 推定11歳以上 2017年5月19日 7年4ヵ月 2010年1月16日、オスの「ベザ」とともに南アフリカ共和国の飼育施設から来園しました。日本でのフォッサの公開は、このときが初めてです。
アンバーの死後、国内で飼育しているフォッサはベザだけになりました。
カナダヤマアラシ ドリ オス 10歳 2017年5月23日 10年11ヵ月 2006年6月10日に当園で生まれました。暑い日に氷の塊をプレゼントすると嬉しそうに抱きついていた姿が印象的でした。
オグロヅル - メス 18歳 2017年8月12日 14年11ヵ月 1999年6月30日に北京動物園で生まれました。当園では、今も健在のオスとペアを形成し、11回繁殖した実績を持っています。
ベニイロフラミンゴ - メス 推定47歳以上 2017年9月1日 19年6ヵ月 1998年2月21日に、多摩動物公園から来園しました。当園で飼育しているベニイロフラミンゴの中で、特に長生きでした。

 

ご案内

【恩賜上野動物園】

  • <開園時間>9時30分~17時00分(入園は16時00まで)
    9月16日(土曜日)、17日(日曜日)は9時30分〜18時00分(入園は17時00分まで)
  • <休園日>毎週月曜日(祝日のときは、翌日)
    9月19日(火曜日)は開園
  • <入園料>一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
    ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。 

ページの先頭へ戻る