トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 三次処理水配管と水道の給水管との誤接続について

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月12日  下水道局

三次処理水配管と水道の給水管との誤接続について

中川水再生センター内に位置する「中川建設発生土改良プラント(足立区中川5-1-1)」において、場内清掃等に使用している下水の三次処理水配管と水道の給水管との誤接続に起因して近隣にお住いの皆様にご不便とご不安をおかけしましたので、下記のとおりお知らせいたしますとともに、心よりお詫び申し上げます。

1 経過等

  1. 平成29年9月10日、東京都足立区中川地先のお客さまより水道局へ「水道水から異臭がする」との連絡があり、翌11日、水道局より下水道局に対して「中川水再生センター」内の状況を調査するよう依頼がありました。
  2. 至急、現場調査した結果、東京都下水道サービス(株)に運営を委託している「中川建設発生土改良プラント」で使用している三次処理水配管と水道の給水管を、同社が当局に無断で誤接続させていることが判明しました。このため、同日11時00分に接続箇所のバルブを閉塞するとともに、12時30分に誤接続を解消いたしました。

※三次処理水
中川水再生センターで処理し塩素を入れた二次処理水を、繊維ろ過でさらに高度に処理したもの

2 調査結果

委託会社にヒアリングした結果、以下の事項が判明しました。

  1. 「中川建設発生土改良プラント」では、三次処理水を車両の洗浄及びトイレ洗浄等にも利用していましたが、センター内の工事等で、三次処理水の供給が停止することがありました。このため、平成24年にトイレ改修を行った際、トイレ洗浄水の量を確保するため、三次処理水配管と水道の給水管を誤接続させました。
  2. 通常、三次処理水配管のバルブを閉じておりましたが、9月10日にバルブを開けてトイレ排水管の掃除を行い、バルブを閉め忘れたことが判明しました。
  3. このため、給水管が接続している水道よりも水圧の高い三次処理水が、給水管から水道管に逆流したと考えられます。

※水道局にて近傍の消火栓から採水した水を検査した結果、飲用可の結果がでております。

3 今後の対応

  1. 近隣にお住いの皆様に、今回の内容等について丁寧に説明しお詫び申し上げます。
  2. 他の施設でも誤接続がないか当局施設の一斉点検を実施しています。
  3. 今後、同様の誤接続を未然に防ぐため、再発防止を徹底してまいります。
問い合わせ先
下水道局建設部工務課
電話 03-5320-6668

ページの先頭へ戻る