トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 平成29年度東京都中小企業知的財産シンポジウム開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月13日  産業労働局, (公財)東京都中小企業振興公社

平成29年度 東京都中小企業知的財産シンポジウム開催!
新たな価値を創造する知財戦略 自社の強みを“最大限”に活用するために

国際的なスポーツ大会の開催等を控えて今後も拡大するビジネスチャンスを、中小企業が新製品・技術・サービス開発やビジネスモデル構築等の事業展開へ着実に生かすためには、知財戦略に基づく新たな価値の創造が重要です。
本シンポジウムは、企業経営者や実務家の具体的なお話を交えながら、『自社の強みを活かし勝機をつかむ中小企業の知財戦略』について、みなさんと考えていきます。

1 シンポジウム概要

  • 開催日時
    平成29年12月5日(火曜日)13時00分~16時30分(開場12時30分)
  • 会場
    イイノホール(千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階)
  • 対象
    東京都内の中小企業経営者及び従業員等
  • 参加費
    無料
  • 定員
    500名

プログラム

  • 開会挨拶(13時00分~13時05分)
    福田良行(公益財団法人東京都中小企業振興公社 理事長)
  • 基調講演(13時05分~14時35分)
    「ニッチトップ企業になるための中小企業の知財戦略論」
    鮫島正洋氏(内田・鮫島法律事務所 代表パートナー/弁護士・弁理士)
    写真
    鮫島正洋氏
  • 事業案内(14時35分~14時45分)
    織田好和(東京都知的財産総合センター 所長)
  • 分科会(15時00分~16時30分)
    1)「中小企業の潜在技術の発掘と活用」
    モデレーター
    伊藤夏香氏(アイエヌ知財特許事務所代表)
    パネリスト
    萩野源次郎氏(大和合金株式会社 代表取締役社長)
    高橋一芳氏(株式会社ヒカリ 取締役会長)
    2)「中小企業におけるIoTの活用」
    モデレーター
    松下外氏(弁護士法人イノベンティア 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
    パネリスト
    林英夫氏(武州工業株式会社 代表取締役)
    佐藤東一氏(株式会社ニューマインド 代表取締役社長)

詳細は公式ウェブサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

2 申込み方法

公式ウェブサイト(外部サイトへリンク)又はファクスでお申し込みください。
ファクス 03–5644-7397
(申込用紙は知的財産総合センター等で配布するチラシ裏面をご覧ください。)
※お申込み多数の場合は、お断りする場合がありますのでご了承ください。

会場への交通案内

イイノホール
千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階

図

  • 東京メトロ 日比谷線・千代田線
    「霞ケ関」駅 C4出口 直結
  • 東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅
    9番出口 徒歩3分
  • 都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅
    7出口 徒歩3分

会場WEBサイト(外部サイトへリンク)

東京都知的財産総合センター

東京都知的財産総合センターは、特許・商標・意匠・営業秘密・著作権・技術契約・知財調査等の知的財産の相談に応じています。
平成29年5月には、海外知財専門相談窓口を新設しました。

台東区台東1-3-5 反町商事ビル1階
http://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/(外部サイトへリンク)
電話 03-3832-3656
ファクス 03-3832-3659

写真

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320-4763
(公財)東京都中小企業振興公社
東京都知的財産総合センター
電話 03-3832-3656

ページの先頭へ戻る