トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 下水道局施設内で配管の誤接続による水質事故が発生

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月12日  水道局

下水道局施設内での配管の誤接続による水質事故(臭気)の発生について

下水道局施設内の配管の誤接続により、水道水に臭気を感じる事故が発生したのでお知らせします。

1 発生年月日

平成29年9月10日(日曜日)15時00分頃
(お客さまからの第一報時刻)

2 事故箇所

足立区中川5丁目の一部

3 事故の概要

水道水から臭気が発生

4 発生原因

近隣の下水道局中川水再生センター敷地内における、給水管と三次処理水の配管との誤接続による配水管への逆流

5 影響区域

足立区中川5丁目の一部(最大27件)

6 経過

9月10日(日曜日)

15時00分頃 お客さまから水道局お客さまセンターへ第一報
15時40分頃 当局職員が現地にて濁りと臭いを確認
16時00分頃~ 消火栓からの排水作業及び原因の調査を開始
20時00分頃 給水車到着
22時00分頃 水質検査の結果、臭いが残るため、周辺に給水車の水を配布

9月11日(月曜日)

1時00分頃~ 継続的に排水作業、水質検査及び原因調査を実施
※水道水の安全性を確保するための残留塩素は一貫して検出されており、また臭いも5時00分以降はなくなったが、念のため給水車からの給水を継続
11時00分~12時30分頃 原因と思われる配管を発見し、接続部を切り離し、引き続き、逆流した原因を調査
18時40分頃 水質検査の結果、異常ないことを確認
19時20分頃 お客さまへ飲用再開の個別広報開始

9月12日(火曜日)

12時00分頃 下水道局による委託会社へのヒヤリングの結果、逆流の原因を特定

7 お客さまへの対応等

影響区域のお客さまにつきましては、個別に事故原因等をご説明させて頂きます。該当のお客さまには、ご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ございません。
なお、お客さまに配水した水は常に水道水に求められる0.1ミリグラム/リットル以上の塩素濃度が確保されており、塩素により消毒されていることから、飲用しても健康についての影響はありません。

問い合わせ先
水道局給水部給水課
電話 03-5320-6476

ページの先頭へ戻る