ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月13日  生活文化局

東京産水産物や東京の水産業について(自由意見)

Q17 東京の海や水産業(卸売業・小売業などの流通は除く。)・水産物に対するイメージ、東京の水産業振興について、ご意見を自由にお書きください。

(n=431)

(1) 水産業に関すること 191件
(2) 水産物に関すること 182件
(3) 東京の海 56件
(4) その他 2件

(主なご意見)

(1) 水産業に関すること 191件

  • 個人の理解不足かもしれないが、東京の水産業振興の取り組みに対する一般都民の理解度は、低いのではないのだろうか。 (男性 10代 杉並区)
  • 観光については、まずまずだと思いますが、漁業ともなると、全く後継者不足ですので、かなり心配です。東京にいるのに、わざわざ漁師になりたいと思わないでしょう。選り取り見取りの東京で、あえてこの水産業に携わるのは、よっぽどの魅力を発信していかねばなりません。頑張ってほしいです。 (女性 10代 狛江市)
  • 水産業は、畜産業と比べて地域の差が分かりにくく、鮮度以外の付加価値のつけ方にイメージが沸きません。特に東京の水産業の場合は、東京湾の濁った水のイメージが強く、実際はそうでないとしても新鮮、安全なイメージが持てないのではないでしょうか。まずは、このような固定観念を払拭するための活動が必要な気がします。(男性 20代 江東区)
  • 東京の海や水産業に従事する人は少ないイメージ。築地とかの流通のことは見聞きするけれど、東京の水産業が活発なイメージはない。都民にとって、とても大切なことなのに、東京の海や水産業が私たちの生活に密着している印象が薄い。やはり、漁業従事者への待遇を向上することと、リスペクト(敬意を払う)を増やすような情報をもっと発信する必要があると思う。 (女性 20代 八王子市)
  • 歴史のある産業であり、文化的な要素が強い。日常的に食する機会は少ないが、季節の食事や観光の目玉として楽しみたい。 (女性 30代 府中市)
  • 東京は、海に面しており、新鮮な魚が捕れる地域であると考えます。また江戸時代から佃煮等の加工する技術も持ち合わせているため、イベント等で近海の魚や加工品の販売をしていく。また給食やスーパーの身近な場所で地産地消を実施していく。 (男性 40代 世田谷区)
  • 埋立地造成により、近海の水産業従事者がかなり減ったイメージがあります。特に、浅草海苔の現状はどうなっているのか気になるところです。 (男性 40代 品川区)
  • 自分が漁業町出身なもので、古臭い感覚ですが、水産業に携わっている方々は「威勢よく、気前よく」仕事をしたいのではないかと勝手に思っております。ですので、よりきれいな海になってほしい、安心安全な魚介類を食べたいという気持ちはもちろんありますが、そこで働く方々が気持ちよく働けるようにしていただくのが一番と思います。 (男性 50代 日野市)
  • 千葉や湘南、静岡の海は、水産業のイメージがあるが、東京だと佃煮の魚介類くらいしか思いつかない。東京のどこから出て、どこで漁をして、どんなものが取れるのか、私も知りたいと思う。 (女性 50代 世田谷区)
  • 水産業は過酷な仕事と思う。自然を相手にしているので、収穫量が不安定である。その結果、収入が不安定で就業人口も減っていると思う。安定した収入が得られるような方策があれば良いと思う。 (男性 60代 北区)
  • 水産業については、海あるいは川の汚染のモニターとしての機能もあると思う。一時に比べ、河川、海洋は随分と綺麗になったと思うが、今後も安全な魚介類が供給されるよう望む。 (男性 60代 町田市)
  • 林業と同様に水産業も自然の恵みですから、今後も安定して供給を続けるためには、積極的に自然保護の施策推進が必要だと思います。そして東京都民にとっては、水産物は他地域から供給を得ているという認識が高いのが現実でしょうから、東京にも多摩エリアの河川水産資源、東京湾の魚介資源、島しょ部の海洋資源と、身近な水産資源がありますよという事を、各種行事と連動して発信する事が必要だと思います。 (男性 60代 あきる野市)
  • 都区内と島しょとに分けて、きめの細かい振興策を策定、実施すべきかと思われます。西多摩の水産は、きれいな森、水をイメージした淡水魚の養殖を積極的に行うこと。東京湾の水産は、観光等と組み合わせた(釣り船等)水産業の振興策が必要で、島しょは、安心、安全を積極的にPRした他県同様の振興策を策定、実施すべきかと思われます。 (男性 70歳以上 中野区)
  • 東京での漁業は、多種の規制埋め立てにより狭まれ続けてきました。東京の海での漁業では、生活が成り立たないと何度か耳にしたことが有ります。後継者が出てくるような対策が必要かと。 (女性 70歳以上 大田区)

(2) 水産物に関すること 182件

  • 東京都の水産物は、比較的値段が高く流通量も少なくなかなか食べることはない。だからこそ、例えば小中学校の給食で提供するなどして、小さい頃から地元の食材に触れ合う機会を作ることが出来たらと思う。 (男性 10代 文京区)
  • 東京の水産物と聞いても、優位性は感じない。 (男性 20代 足立区)
  • 野菜に比べであまりなじみがない。 (女性 30代 大田区)
  • 東京に住んでいるので、ぜひ東京の水産物を食べたいと常々思っていますが、なかなか売ってないのが現状です。身近なスーパーや居酒屋にも置いてもらえれば、食べると思います。あと、値段も安くとは言いませんが、一般都民が買える金額でお願いしたいです。 (男性 40代 板橋区)
  • 東京の水産物は、美味しいと言われているが、漁獲量が少ないためか、高級食材となっていて、スーパーで見かけても手を出せない。もっと安価で購入できるようになってほしい。 (女性 40代 福生市)
  • 長年主婦業もしていますが、私自身の水産物に対する意識が低かったからでしょうか、東京の水産物に対する認識が全くありませんでした。今迄ももちろん広報は行ってきたとは思いますが、このような人間もいるのですから、まずは広報活動をさらに積極的に行っていただきたいと思います。東京の水産物には、目立つステッカーやシールを貼ってわかりやすくして頂きたい。主婦は安全で美味でお値段以上の商品には必ず飛びつきます。
    (女性 60代 北区)
  • 東京産の水産物というと江戸前(東京湾)のイメージが強い。(江戸前寿司の影響か)伊豆諸島や小笠原諸島などの島しょ部で獲れる外洋の水産物も、もっと東京産をアピールしても良い。 (男性 40代 品川区)
  • 東京湾で獲れたものは、江戸前とか言って別格に扱われて高いイメージがある。地方産でおいしく安い魚介が出回っているので、あえて高い東京産を買う必要がない。現在、東京湾の水質は改善されてきれいになったことは知っているが、それでも家族に食べさせる魚介の捕獲場所としては未だに見られない。 (女性 40代 荒川区)
  • 正直、東京産の水産物に対する知名度は低いというイメージです。実際、数年前に近所の寿司店で「羽田産穴子」という表示を見て、初めて東京でも穴子が獲れるということを知りました。せっかく東京産の水産物があるのにも関わらず、認知度が低いということは、宝の持ち腐れとなり非常に残念です。今後、PR活動にももっと力を入れる余地があると思います。 (女性 50代 大田区)
  • 東京湾のアナゴ、コハダが食べたい。台場や芝浦あたりで、家族で釣った魚が食べられるようになればいい。地産地消にしてほしい。水産物のイメージは、相模湾辺りに行くと安心して食べられるけど、東京湾は品質大丈夫とまだ不安あり。 (女性 50代 板橋区)
  • 東京の水産物で頭に浮かぶのは「のり」、江戸前寿司のネタ「こはだ」「穴子」など。東京に日本中の水産物が集まってきて厳しいかも知れないが、東京産(地元産)が目につくように表示、品揃えがされるといいと思う。伊豆、小笠原諸島のきれいな海で獲れた魚介類を残念ながらスーパーなどの店頭で眼にしたことはない。(男性 70歳以上 世田谷区)
  • 東京産の水産物は、黒く濁った東京湾で育ったというイメージを持つ人が少なく無いと思います。実際は、河川の上流部や小笠原諸島の海はとても綺麗ですので、「東京産」という言葉をあえて使用せず、澄んだ河川や小笠原の青い海を連想させるようなネーミングで普及させることを考えると良いと思います。  (女性 50代 調布市)
  • 東京湾がお魚の宝庫であると言うことは、近頃になってTVなどから知りました。それまでは、東京湾は汚れて石油臭いところだと思っていました。複雑な構造の海底や入り江によって、多くの種類のお魚が水揚げされていることを知って、ますます東京湾のお魚に親しみを持ち、魚屋さんで、確かめて購入するようになりました。
    (女性 70歳以上 東村山市)
  • 東京都は東京湾だけでなく、きれいな海に囲まれた島々があります。そこで捕れる海産物を毎日食べられたら、こんな幸せなことはありません。流通機能が発達した今は、海外を含めて他所から多くの海産物が市場に並びます。江戸前寿司というように、もっと「東京の○○」という海産物が明確にあってもいいと思います。スーパーなどで「おいしそう」と思って手にする食品が、東京産であることを願っています。こんなにあるよ!東京の海の幸!のようなキャッチフレーズのもと、より一層のPRを期待しております。 (女性 70歳以上 世田谷区)

(3) 東京の海 56件

  • 東京の海と聞くと、東京湾を思い浮かべてしまうため、水質が汚いのではと思ってしまいます。伊豆諸島は東京と頭では理解していても、感覚では別の地域です。もっと交流が増えれば東京の伊豆諸島という感覚が芽生えるように感じます。(女性 20代 千代田区)
  • 海と川とで大きくイメージ、対策などが変わると思っています。海に関しても、東京湾近辺と、伊豆、小笠原諸島とで条件などが異なると思っています。それぞれの良さをうまく区分けしてアピールするのが良いと思います。 (男性 40代 小金井市)
  • 東京の海は、港のイメージが大きく、漁場としての印象が薄いです。もっとPRして欲しい。 (女性 50代 昭島市)
  • 東京湾も今はきれいになっているし、大島など離島もあり、いろいろな種類の水産物がある。 (男性 70歳以上 練馬区)

 

ページの先頭へ戻る