ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月13日  生活文化局

東京の林業関係への就業について

Q7 多摩地域の林業従事者数は昭和35年には2,000人を超えていましたが、現在は200人程度となっています。そこで、東京の林業関係への就業者を増やすためには、どのような方法が良いでしょうか、いくつでも選んでください。

(MA)(n=470)

図

【調査結果の概要】
東京の林業関係への就業者を増やす方法について聞いたところ、「給料を良くする」(68.9%)が7割近くで最も高く、以下、「女性でも現場で働きやすい環境をつくる」(58.3%)、「福利厚生を充実する」(52.6%)、「林業就業者セミナーを実施する」(51.3%)、「職場体験をおこなう」(50.2%)などと続いている。

ページの先頭へ戻る