トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 「ながら見守り連携事業」の覚書を締結

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月07日  青少年・治安対策本部

「ながら見守り連携事業」の覚書を締結

東京都は、地域に密着した事業者と協定等を締結し、日常の業務をしながら子供や高齢者等の弱者を見守っていただくことで、安全に安心して暮らせる地域づくりに取り組んでおります。
このたび、東京都と「包括連携協定(ワイドコラボ協定)」を締結した、三井住友海上火災保険株式会社及び同社代理店の組織である、Mitsui Sumitomo Agencies(以下MSA)と青少年・治安対策本部は、新たに「ながら見守り連携事業に関する覚書」を締結し、継続的に上記取組を行ってまいります。本覚書につきましては、ワイドコラボ協定の項目の一つ「地域の安心安全に関すること」を具体化した、初の覚書の締結となります。

イラスト
安全安心まちづくりを推進する
マスコットキャラクター
「みまもりぃぬ」

1 覚書取交し

(1) 日時

平成29年9月13日(水曜日)午前11時00分から午前11時40分まで

(2) 場所

青少年・治安対策本部 総合対策部 34A会議室(第一本庁舎北塔34階)

(3) 締結者

東京都 青少年・治安対策本部 本部長 大澤裕之
三井住友海上火災保険株式会社 執行役員 東京本部長 岡大輔
都内各地域MSAの代表
東京南MSA 会長 株式会社プロエージェント 代表取締役 三輪久
東京北MSA 会長 株式会社河野保険事務所 代表取締役 河野孝史
東京東MSA 会長 株式会社MAパートナーズ 代表取締役 江刺憲司
東京西MSA 会長 株式会社ジェヌイン 代表取締役 木原敏男

次第:別紙1(PDF:87KB)参照

2 覚書内容(別紙2(PDF:110KB)参照)

  1. 東京都は、事業の実施に当たって事業者に対して必要な支援を実施する。
  2. 事業者は、各店舗等に対して本協定の趣旨を周知するとともに、“ながら見守り”に関する取組について区市町村と協議し、各店舗等において実施できるよう支援する。
  3. 東京都と事業者は、必要に応じて情報交換を行い、相互に連携する。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」にかかる事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5」 まちの安全・安心の確保

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部安全・安心まちづくり課
電話 03-5388-2281

ページの先頭へ戻る