トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 「東京都住生活月間セミナー2017」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月07日  都市整備局

「東京都住生活月間セミナー2017」の開催について

多様化するライフスタイルやライフステージに応じた住生活を実現するうえで、既存住宅(中古住宅)を活用することにより住まいの選択肢が増え、生活が豊かになる可能性があります。
そこで、住まい選びの際に「既存住宅」という選択肢を増やすことについて、第一線で活躍されている講師の方々を迎え、事例を交えながらその魅力などを紹介します。

1 日時・場所

平成29年10月24日(火曜日) 14時00分から17時00分まで
都議会議事堂1階 都民ホール

2 講演内容

テーマ「豊かな住生活の実現に向けて 選んで育む既存住宅」

(1) 施策報告

「安心R住宅など既存住宅に関する国の取組について」
国土交通省住宅局住宅政策課住宅活用・国際調整官 中澤篤志氏

(2) 基調講演

「住まいの選択肢を増やすリノベーション」
横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授 江口亨氏

(3) 講演及びディスカッション

  • 講演1
    「ライフスタイルに応じた住まい選び」
    SUUMOリフォーム編集長 福澤佳恵氏
  • 講演2
    「安心して既存住宅を選ぶためのインスペクションとは」
    株式会社さくら事務所代表取締役社長 大西倫加氏
  • 講演3
    「既存住宅購入のワンストップサービスについて」
    岡庭建設株式会社専務取締役 池田浩和氏
  • モデレーター
    横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授 江口亨氏

※各講演の数字の正しい表記はローマ数字です。

3 申込方法

ファクス又はEメールにてお申込みください。(定員250名)

※申込先等の詳細については、別紙のチラシ「東京都住生活月間セミナー2017」(PDF:2,447KB)をご覧下さい。なお、申込書は、都市整備局ホームページからもダウンロードできます。

「住生活月間」は、国民の住意識の向上とゆとりある住生活の実現を目指し、国土交通省、地方公共団体、民間事業者等と協力し、毎年10月に実施しているものです。

問い合わせ先
都市整備局住宅政策推進部民間住宅課
電話 03-5320-5006

ページの先頭へ戻る