トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 誰もが利用しやすい路線バスの実現に向けた取組を推進

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月07日  東京都交通局

誰もが利用しやすい路線バスの実現に向けた取組を進めます
日本初となるフルフラットバスの導入など

東京都交通局では、東京2020大会とその先を見据え、誰もが利用しやすい新たな路線バスのモデルを先導的に構築し、東京から全国へ発信していくため、下記の取組を進めます。

1 日本初となるフルフラットバスの導入

都営バスの全ての車両は、乗降口に段差のないノンステップ車両ですが、車内後方の通路には段差があります。
更なるバリアフリーを追求するため、この通路段差を解消したフルフラットバス※を日本で初めて導入します。
これにより、高齢者をはじめ、誰もが車内後方まで移動しやすくなるとともに、前方での混雑が緩和され、快適通勤にも寄与することが期待されます。
このフルフラットバスは、平成30年内の運行開始を予定しています。

フルフラットバスイメージ図

図 図
※通路の段差解消に加え、傾斜をバリアフリー法及び関連条例で定める
建築物の傾斜路の基準20分の1(約2.9度)以下に抑えた大型路線バス

 

2 充実した情報案内を途切れることなく提供

初めてバスを利用する人でも迷わないよう、駅からバス車内まで連続した情報案内を多言語で提供します。

詳細は、別添リーフレット(PDF:2,142KB)をご覧ください。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち」

問い合わせ先
都営交通お客様センター
電話 03-3816-5700(年中無休、9時00分~20時00分)

 

ページの先頭へ戻る