トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 9月 > 東京都職域健康促進サポート事業を開始

ここから本文です。

報道発表資料  2017年09月01日  福祉保健局

東京都職域健康促進サポート事業はじめました!

東京都では、企業等に勤務される方が多く、勤労者が日常生活の多くの時間を過ごす職場における健康づくりが重要であることから、職域への健康づくりの取組を推進しています。
この度、都がこれまで実施してきた事業から得たノウハウを活かし、東京商工会議所と連携し、企業等への普及啓発と各企業の個別の取組に対して支援を行う「東京都職域健康促進サポート事業」を開始しましたのでお知らせいたします。

事業概要

(1) 実施内容

都がこれまで実施してきた事業から得たノウハウを、東京商工会議所が認定する健康経営アドバイザー※に研修を通じて付与します。この研修を受けた健康経営アドバイザーが、都内中小企業等を訪問して、健康づくり、がん対策、肝炎対策及び感染症対策の普及啓発を行います。意欲のある企業に対しては、従業員の健康に配慮した経営の実施に向けた取組支援を行います。

(ア) 健康経営アドバイザーによる普及啓発

健康経営アドバイザーが企業等への訪問等を通じて経営層へ普及啓発

(イ) 健康経営アドバイザーによる個別支援

健康経営アドバイザーが企業等を訪問し、各企業等が行う取組を個別支援

【アドバイザーによる支援の一例】

<健康づくり・がん対策>

  • 生活習慣病・がん検診に関する各種情報提供 
  • アドバイザーによる助言・提案
  • 経営的視点から見た有効性の理解促進
  • 企業の取組事例の紹介

その他、取組企業の抱える課題に応じて、様々な支援を行います。

(2) 実施方法

都が東京商工会議所に業務委託を行い実施しております。

※健康経営アドバイザー
従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する経営手法である「健康経営」について、企業(経営者)に対する普及・啓発や実践支援を行う専門家として、東京商工会議所が認定した者(「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です)。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱3 医療が充実し健康に暮らせるまち」

問い合わせ先
福祉保健局保健政策部健康推進課
電話 03-5320-4356

ページの先頭へ戻る