ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月31日  建設局

〔別紙1〕

両国リバーセンタープロジェクト審査委員会 審査結果について

両国リバーセンタープロジェクト審査委員会
委員長 日本大学教授 岸井隆幸

両国リバーセンタープロジェクト審査委員会(以下「審査委員会」という)は、平成29年8月4日に審査委員会を開催した。
審査結果は以下のとおりである。

1 事業予定者

グループ1(※1)

2 主な選定理由

「グループ1」の提案は、

  1. 本プロジェクトのコンセプトをよく理解した上で、意欲的な提案を行っており、特に、水辺とまちを繋ぐ意識が高く、水辺のにぎわい創出のため、様々な提案を行っている点が優れている。
  2. 防災の観点からは、施設・運営双方で、都や区との協力体制が提案されている点が優れている。
  3. 観光に関しては、舟運利用の促進のため、浅草・押上エリアとの連携や、地元企業との連携による観光ツアーの開発等、水辺を活かした観光や、回遊性の向上など多くの積極的な提案が行われている。

以上のことなどから、防災性の向上や水辺のにぎわいが期待できる「グループ1」を選定した。

(※1)審査は匿名で行ったため、ヒューリック株式会社を代表企業とするグループを、「グループ1」と呼称している。

ページの先頭へ戻る