トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 8月 > 「自殺対策に関する意識」についてアンケートを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月29日  福祉保健局

「自殺対策に関する意識」についてアンケートを実施
インターネット福祉保健モニター アンケート結果

都では、これまで「東京における自殺総合対策の基本的な取組方針」を基に、事前予防、危機対応、事後対応の各段階に応じ、東京の現状や地域ごとの特性を踏まえた対策を進めるとともに、「自殺総合対策東京会議」を設置し、様々な分野の関係機関や団体が連携しながら、自殺対策に取り組んで参りました。
近年、都内の自殺者数は減少傾向にあるものの、依然として、2,000人以上の尊い命が失われています。
自殺は様々な原因や背景が複合的に絡み合っているとされており、自殺予防の取組に当たっては、個人的な問題としてだけでなく、社会的な問題としての取組が必要です。
今後の自殺対策の取組を進めていく際の参考とするため、福祉保健モニターに登録している方を対象に、自殺対策に関する意識等についてアンケート調査を実施したので、お知らせいたします。

アンケート結果のポイント

  • 自殺対策が自分自身に関わる事だと思うか聞いたところ、「思う」(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計)と答えた人は約56%(Q1)。
  • これまでの人生の中で、自殺したい、またはそれに近いことを考えたことがある人は約45%(Q2)。その時、誰に相談したか聞いたところ、「相談したことはない」と答えた人が約69%と最も多く、「同居の親族(家族)」が約13%、「友人」、「医師」がそれぞれ約10%と続いた(Q4)。
  • 自殺(自殺未遂含む)を扱った報道に関心があるか聞いたところ、「関心がある」(「かなりある」と「少しある」の合計)と答えた人は77%(Q9)。
  • 自殺防止対策を推進した方がよいと思う、地域の機関はどこだと考えるか聞いたところ、「小学校・中学校」が約73%、次いで「高等学校・高等専門学校」が約64%(Q12)。また、自殺防止対策を推進した方が良いと思う対象(年代等)について聞いたところ、「小・中・高校生(児童・生徒)」が約60%、次いで「企業等で働く人」が約42%であった(Q13)。
  • 自殺防止対策の取組として効果的だと思うものを聞いたところ、「自殺相談ダイヤルによる電話相談」が約63%、次いで「自殺のサインに気づき、適切な対応を取れる人(ゲートキーパー)の養成」が約59%であった。(Q14)。
  • 近年、企業においてメンタルヘルス対策等が進められているが、職場での自殺防止に向けた取組として効果的だと思うものを聞いたところ、「企業内での自殺のサインに気づき、適切な対応を取れる人(ゲートキーパー)の養成」が約69%であった(Q15)。
  • 東京都の自殺防止対策の取組のうち知っているものを聞いたところ、「電話相談窓口(東京都自殺相談ダイヤル こころといのちのほっとライン)」が約55%であった。(Q19)

今回のアンケート概要

  • テーマ
    「自殺対策に関する意識調査」
    アンケートの設問(PDF:525KB)
  • 期間
    平成29年7月7日(金曜日)正午から、平成29年7月20日(木曜日)正午まで
  • 方法
    インターネット(モニターがアンケート専用サイトから回答を入力する)
  • 対象モニター数
    451名
  • 有効回答数
    296名
  • 回答率
    65.6%

今回のアンケート回答者属性

※有効回答数296人を100%としたときの割合

性別 男性 148人 50.0%
女性 148人 50.0%

 

年代別  20代 5人 1.7%
 30代 21人 7.1%
 40代 54人 18.2%
 50代 84人 28.4%
 60代 59人 19.9%
 70歳以上 73人 24.7%

 

職業別  会社員 78人 26.4%
 団体職員(NPO含む) 12人 4.1%
 自営業 19人 6.4%
 福祉サービス提供事業経営者 5人 1.7%
 福祉サービス提供事業従事者 34人 11.5%
 教職員 2人 0.7%
 学生 3人 1.0%
 主婦 58人 19.6%
 無職 52人 17.6%
 その他 33人 11.1%

 

※別紙の集計結果は百分率(%)で示し、小数点以下第2位を四捨五入して算出した。
そのため、合計が100.0%にならないものがある。

ゲートキーパーとは…

自殺対策におけるゲートキーパーとは、「地域や職場、教育、その他様々な分野において、身近な人の自殺のサインに気づき、その人の話を受け止め、必要に応じて専門相談機関につなぐなどの役割が期待される人」のことです。
ゲートキーパーの役割とは、ひとことで言うと、「気づき、受け止め、つなぐ」ことです。

(URL)http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/tokyokaigi/gatekeeper.html

東京都の自殺総合対策について

都では、「東京都こころといのちのほっとナビ ここナビ」において、悩み別の相談窓口や自殺についての基礎知識等を掲載しています。

(URL)http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kokonavi/

図 図
「ここナビ」サイトイメージ 

 

問い合わせ先
福祉保健局総務部総務課
電話 03-5320-4015

ページの先頭へ戻る