トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 8月 > 芝浦一丁目計画(仮称)と連携 日の出ふ頭の機能を強化

ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月15日  港湾局

「(仮称)芝浦一丁目計画」と連携して日の出ふ頭の機能を強化します!

日の出ふ頭を人々が集い賑わう水辺空間にするためには、周辺の再開発事業とも連携し、浜松町駅等からふ頭への人の流れを創り出すことが重要です。東京都港湾局は、日の出・竹芝ふ頭をつなぐ人道橋や桟橋の改修等を進め、日の出ふ頭を舟運の拠点とすることを目指しております。

日の出ふ頭をさらに賑わいのある水辺空間とするために、港湾局は、民間事業者が進めている「(仮称)芝浦一丁目計画※」と連携して、日の出ふ頭北側の港湾局用地に民間事業者の負担で小型船ターミナル等を整備・運営することについて合意し、協定を締結しました。このたび、本協定を踏まえて、都市計画手続きが開始されましたので、お知らせします。

引き続き芝浦・竹芝地区との連携を図り、さらなる賑わいを高め、舟運と地域を結びつけることで、日の出ふ頭の機能を強化してまいります。

※「(仮称)芝浦一丁目計画」の事業主体はNREG東芝不動産株式会社、野村不動産株式会社及び東日本旅客鉄道株式会社です。港湾局はこの計画の代表者であるNREG東芝不動産株式会社と協定を締結しました。

協定の概要

協定締結者

  • 東京都港湾局
  • NREG東芝不動産株式会社

要旨

NREG東芝不動産株式会社を代表とする「(仮称)芝浦一丁目計画」の事業者が、日の出ふ頭北側の港湾局用地に小型船ターミナル等を整備するとともに、同事業者の負担により運営することに合意し、本件についての協定を、港湾局は同事業者と締結しました。

小型船ターミナル等の整備予定地

港区海岸二丁目7番104号

竣工予定

平成31年4月

日の出ふ頭及び周辺地区との連携のイメージ(「芝浦一丁目計画」竣工時)

図

※本図は、NREG東芝不動産株式会社より提供されたものであり、実際の建物と異なる可能性があります。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱5 交通・物流ネットワークの形成」

問い合わせ先
港湾局港湾経営部経営課
電話 03-5320-5695

 

ページの先頭へ戻る