トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 8月 > 東京都消費者月間事業 くらしフェスタ東京2017を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月10日  生活文化局

東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京2017」の開催
メインテーマ<もっと広げよう コミュニケーションの輪>
未来を拓く消費行動

東京都と都内消費者団体は、毎年10月を中心に東京都消費者月間事業「くらしフェスタ東京」を開催しています。
今年はメインシンポジウムで「持続可能な開発目標“SDGs(エスディージーズ)”」について講演を行います。また今回、本事業40周年に当たることから、消費者被害防止をテーマに記念シンポジウムを開催します。その他、多彩な企画を展開しますので、お知らせいたします。

※2015年に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられた、2030年までに各国が取り組むべき17の目標

見て、聞いて、話そう!交流フェスタ

  • 日時
    10月20日(金曜日)21日(土曜日)10時00分~17時00分
  • 場所
    新宿駅西口広場イベントコーナー

「くらし」「環境」「食」「安全対策」「消費者被害防止」「子供」のテーマで、消費者団体・事業者団体・行政が、パネル展示・クイズラリー・販売などを行います。今回は、子供エリアを新設し、家庭内の事故を防ぐポイントなどをお伝えします。
健康チェック、自転車シミュレーターなどの体験型ブースや、特設ステージでのコンサートやミニセミナーなど、子供から大人まで楽しみながら、くらしに役立つ情報を学べます。

メインシンポジウム
国谷裕子さんに聞く 新しいものさしSDGs(エスディージーズ)地球を維持するためにできること

  • 日時
    11月1日(水曜日) 13時30分~15時45分
  • 場所
    東京ウィメンズプラザホール(渋谷区神宮前5-53-67)
  • 講師
    国谷裕子氏
    (キャスター、FAO(国連食糧農業機関)親善大使)
    写真

地球を維持していくために私たちには何ができるのか?SDGsの情報発信と共有を積極的に進める国谷裕子さんに、生活のありようを変えていく糸口をお話ししていただきます。
※講演前に、ハープとオーボエによるミニコンサートを開催

40周年特別企画記念シンポジウム
油断大敵 安心、満足の充実ライフはまず知るところから

  • 日時
    2018年1月22日(月曜日) 13時30分~15時40分
  • 場所
    東京都消費生活総合センター 教室1・2(JR飯田橋駅西口)
    ※教室名の数字の正しい表記はローマ数字です。
  • 講師
    池本誠司氏(弁護士)
    • パネリスト
      阿南久氏(元消費者庁長官・(一社)消費者市民社会をつくる会代表理事)
      磯辺浩一氏(特定適格消費者団体 消費者機構日本専務理事)

消費者被害の現状や消費者団体訴訟制度の仕組みなどについて、消費者問題の専門家からお話を伺い、安全で安心できるくらしのために必要な“消費者力”について考えます。

問い合わせ先
東京都消費生活総合センター活動推進課
電話 03-3235-4167

ページの先頭へ戻る