ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月04日  東京都伝統的工芸品月間推進協議会, 産業労働局

会場別の企画内容紹介

東京国際フォーラム(メイン会場)
開催日:11月4日~6日 11時00分~19時00分(最終日17時00分終了)

1.展示販売

  • 全国の伝統的工芸品を多数出展
  • 海外著名ショップ等が手掛ける伝統工芸品のPOP UP SHOPや、東京手仕事プロジェクトの開発商品を販売するブースも設置
写真
28年度福井大会の展示・販売の様子

2.これからを担う職人たちの作品展

  • 全国の産地の後継者にスポットを当て、その作品を展示

3.体験教室(ワークショップ)

  • 職人から直接学べる伝統工芸品の製作体験(有料)

4.ふれあい広場

  • 来場者が参加できる体験型のイベントを実施

5.ビジネスマッチング

  • 国内外のバイヤーを招聘し、伝統工芸の職人との商談会を実施

JPタワー・KITTE(サブ会場)
開催日:11月3日~6日 11時00分~19時00分

伝統工芸の技術の凄さや、品質の素晴らしさを、伝統工芸品になじみのない方々に興味を持っていただけるように展示

1.実感ゾーン

  • 伝統工芸の素材、道具、工程、柄・色、形・サイズなどを実際に目で見て実感

2.科学ゾーン

  • 科学的視点から伝統工芸の技術を分析
    (伝統工芸品の分解展示など)

3.未来ゾーン

  • 次世代の技術に応用される伝統工芸の技を紹介
【実感ゾーン展示イメージ】江戸指物の道具展示
写真 写真 写真
のみ

 

【参考】JPタワー・KITTE 1階アトリウム レイアウト(予定)
図

東京ビルTOKIA 1階ガレリア(西側貫通通路)(サブ会場)※調整中
開催日:11月3日~6日 11時00分~19時00分(初日21時00分終了)

伝統的工芸品の過去における使われ方や歴史を体感し、現代のライフスタイルの中で伝統的工芸品の新しい使い方を提案

1.江戸の暮らしの再現展示

  • 江戸の暮らしや商店等を再現し、当時の使われ方を展示

2.ギャラリー展示

  • 現在の伝統的工芸品を、江戸の暮らしの再現ブースに隣接して展示し、過去と現在の伝統工芸品を対比

3.実演ライブコーナー

  • 展示と併せて、職人の仕事をライブで実演

4.ライブパフォーマンスコーナー

  • 楽しみながら見学できるよう、江戸当時の娯楽を実演
図
【参考】東京ビルTOKIA 1階ガレリア レイアウト(予定)

丸ビル 1階マルキューブ(サブ会場)※調整中
開催日:11月3日~6日 11時00分~19時00分

1.全国の産地の逸品展示(以下は展示品目例)

写真

2.江戸東京きらりプロジェクト【同時開催】

  • プロジェクトの映像での紹介、モデル事業の展示
  • モデル事業者の制作実演、プレゼンテーション
  • 老舗企業の技の展示・実演 など

「江戸東京きらりプロジェクト」とは

東京の老舗企業等の伝統の技による「宝物」を磨き上げて発信し、インバウンドの更なる増加や伝統の技の継承を目指す取組です。

ページの先頭へ戻る