トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 8月 > インキュベーションHUB推進プロジェクト事業対象を決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年08月01日  産業労働局

平成29年度 インキュベーションHUB推進プロジェクト事業
支援対象事業者を決定しました!

東京都では、高い支援能力・ノウハウを有するインキュベータが連携体を構築し、創業予定者の発掘・育成から成長促進までの支援を一体的に行う取組を推進するため、平成25年度より「インキュベーションHUB推進プロジェクト事業」を実施しています。
この度、平成29年度事業提案を公募し、外部専門家も含めた審査の結果、以下の事業者の取組を選定いたしましたのでお知らせいたします。選定された事業者には、最長3か年経費の一部を補助し、創業者のライフサイクルに応じた創業支援環境の整備を推進します。

※ 本事業におけるインキュベータとは、起業家支援のための施設やしくみを有する事業体をいいます。

支援対象事業者

【テーマ指定型】指定テーマ:社会的起業家支援におけるインキュベーションHUB

連携体名 ソーシャル・イノベーション創出推進連携体
事業者名 【代表事業者】特定非営利活動法人ETIC.(エティック)
【連携事業者】エリオスキャピタル株式会社
【連携事業者】西武信用金庫
【連携事業者】株式会社電通
支援対象事業の概要

(取組例)

  • 次の社会をつくる社会的起業家の創出・支援するプラットフォーム運営
  • 企業CSR、行政等とのマッチングイベントの開催
  • インパクト創出のハンズオン支援の実施 等

【テーマ提案型】

連携体名 SHIP,Shinjuku Healthcare Incubation Park
事業者名 【代表事業者】ハイズ株式会社
【連携事業者】株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ
【連携事業者】公益財団法人健康予防医学財団
テーマ 医療現場の真のインサイトやニーズに沿ったヘルスケアベンチャーの創出
支援対象事業の概要

(取組例)

  • ヘルスケアベンチャーに対する総合的な経営支援
  • ヘルスケアを構成する臨床・経営・政策全ての層を対象とした講演
  • デジタルヘルスを中心としたセミナーやハッカソンの開催
  • 研究機関等への紹介マッチング、営業戦略支援、資金調達支援 等


※ 事業の概要は別紙「インキュベーションHUB推進プロジェクト」をご参照ください。

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱4 国際金融・経済都市」

問い合わせ先
(インキュベーションHUB推進プロジェクト事業に関すること)
産業労働局商工部創業支援課
電話 03-5320-4763
(各インキュベーションHUBの取組に関すること)
「ソーシャル・イノベーション創出推進連携体」事務局((NPO)エティック内)
電話 03-5784-2115
「 SHIP, Shinjuku Healthcare Incubation Park 」事務局(ハイズ(株)内)
電話 03-6280-6987

 

ページの先頭へ戻る