ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月31日  生活文化局

気候変動・エネルギー

蛍光灯をLEDに交換して節電を

消防署や駐車場などを始め40ワット~110ワットの蛍光灯を使用している場所が多数あると思われますが、現在ほとんど全ての場所に交換できるLED蛍光灯が5,000円以下で販売されており、1~2年以下で電気代の収支が取れる計算になっています。
順次交換されて行かれれば節電が可能かと思います。御考慮ください。

取組

このたびは、御意見ありがとうございます。
都施設における照明については、使用時間が長く、高い省エネルギー効果が見込まれるものや、都民の皆様の目に触れる機会の多い場所を対象として、2020年度までにおおむね100%LED化していく予定です。
また、都民・事業者の皆様にもLED照明への交換を進めていただけるよう取り組んで参ります。
(環境局)

取組

御意見ありがとうございます。
東京消防庁では、今年度から4年計画で既存庁舎の照明器具を、順次、LEDに更新していきます。現在、更新準備を進めています。
また、今後も、庁舎の更なる節電方法を検討し、実施していきたいと考えております。
(東京消防庁)

取組

この度は貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。
都営駐車場では、照明設備の更新等に際し、順次LED照明への交換を行っております。
今後とも、利用者の皆様へのさらなるサービス向上に取り組むとともに、環境配慮の取組を進めてまいります。
(建設局)

取組

貴重な御意見ありがとうございます。
新宿の本庁舎では、現在、大規模な改修工事を行っております。本庁舎駐車場の照明については、順次LED器具に交換しております。今後も節電への取組を進めてまいります。
(財務局)

ページの先頭へ戻る