トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 認知症シンポジウム「認知症予防を考える」を開催

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月28日  福祉保健局

認知症シンポジウム
「認知症予防を考える 食と栄養、運動の視点から」を開催します!

東京都は、認知症に対する正しい理解の促進のため、毎年9月にシンポジウムを開催しています。
平成19年度から「世界アルツハイマーデー」を記念し開催しているシンポジウムも、今年度で第11回目となりました。
今回は、「認知症予防を考える 食と栄養、運動の視点から」をテーマに、認知症予防の取り組みを実際に体験するとともに、認知症予防についてより深く学んでいきます。

1 開催日時

平成29年9月24日(日曜日) 13時30分から16時30分まで(12時30分開場)

2 開催場所

東京都庁第一本庁舎5階大会議場

3 定員

500名

4 内容

  1. 第1部
    〔基調講演〕テーマ「認知症予防 食と栄養、運動の視点から」
    講師 鈴木隆雄 氏 桜美林大学 老年学総合研究所 所長
  2. 第2部
    〔実演〕テーマ「認知症予防へ向けた運動 コグニサイズについて」
    講師 土井剛彦 氏 国立長寿医療研究センター

5 その他

参加を希望する方は平成29年8月31日(木曜日)までに、往復はがきかファクスに、以下の内容を記入し、認知症シンポジウム事務局宛にお申込みください。応募多数の場合は抽選となります。なお、取材目的の方はその旨ご記載ください。

1)住所 2)氏名(ふりがな) 3)年齢 4)職業 5)電話番号 6)ファクス番号 7)車いす利用の有無 8)点字資料、拡大文字資料や手話通訳、要約筆記等の希望の有無
※当日、介助者等の同行があり、座席が必要な場合、あらかじめご連絡ください。

  • 申込先
    認知症シンポジウム事務局(株式会社 ナッソーインターナショナル内)
    住所:〒169-0075 新宿区高田馬場1-29-7 スカイパレスビル305
    電話:03-5155-3975
    ファクス:03-5155-3976

「世界アルツハイマーデー」について

9月21日は「世界アルツハイマーデー」です。国際アルツハイマー病協会が1994年のこの日、英国エジンバラで開催した第10回国際会議を機に、世界保健機関(WHO)の後援を受けて「記念日」として宣言しました。
毎年、世界の70以上の国と地域で、認知症の患者さんを抱える家族団体などが、疾病に関する理解の向上を図ったり、患者さんや介護者の方々を支援したりする活動が展開されています。

会場案内図

東京都庁 第一本庁舎5階 大会議場
<最寄り駅>

  • JR他「新宿駅」(西口から徒歩約10分)
  • 都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」(A3、A4出口から徒歩約1分)

図

 ※別添 案内チラシ(PDF:1,348KB)

問い合わせ先
福祉保健局高齢社会対策部在宅支援課
電話 03-5320-4276

 

ページの先頭へ戻る