トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月27日  都市整備局, 環境局

建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施しました

東京都では区市と共に、建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるために都内全域で一斉パトロールを行っています。今回のパトロールでは、石綿含有建材(スレート板等の成形板等を含む)の分別状況等についても重点的に確認しました。

1 実施期間

平成29年5月1日(月曜日)から5月31日(水曜日)まで

2 実施主体

東京都及び特定行政庁(23区及び多摩の10市※ )
※ 八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、調布市、町田市、日野市、国分寺市、西東京市

3 実施内容

建設リサイクル法第10条の届出が必要となる工事に対して、抜き打ちで現場調査を行い、分別解体や再資源化等の状況を確認し、必要に応じて関係者に対し指導等を行いました。
また、石綿含有建材の分別状況やフロン回収処理状況等を確認するため、一部の現場では、建設部局、環境部局のほか、石綿障害予防規則を所管する厚生労働省東京労働局各労働基準監督署と合同でパトロールを行いました。

写真

4 実施結果

  • 当該月の対象建設工事届出件数2,612件の約25%に当たる644件に対してパトロールを行いました。(詳細は別表(PDF:161KB)のとおり)
  • パトロールの結果、標識の未掲示や分別解体の不徹底が確認された現場において「法に基づく助言」を12件、その他「法に基づかない指導等(軽微な事項や他法令違反の場合等)」を429件実施しました。
  • 石綿の飛散防止対策に関して、大気汚染防止法及び環境確保条例に基づく指導を116件実施しました。
  • フロン排出抑制法に基づくフロン回収・処理については、違反は認められませんでした。
  • 引き続き適正な処理が行われるよう、周知等を実施してまいります。

※別紙 アスベストの飛散防止に関する指導内容

問い合わせ先
(建設リサイクル法全般)
都市整備局都市づくり政策部広域調整課
電話 03-5388-3231
(届出、分別解体等)
都市整備局市街地建築部建築指導課
電話 03-5388-3372
(再資源化等)
環境局資源循環推進部産業廃棄物対策課
電話 03-5388-3446
(石綿(アスベスト))
環境局環境改善部大気保全課
電話 03-5388-3493
(フロン)
環境局環境改善部環境保安課
電話 03-5388-3471

 

ページの先頭へ戻る