トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 関東内陸部で確認されたアリの同定結果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月21日  港湾局, 環境局

関東内陸部で確認されたアリの同定結果について

東京港青海ふ頭で荷揚げされ、茨城県常陸太田市で荷下ろしされたコンテナに付着していたアリについて、7月16日にヒアリであるとお知らせしましたが、アカカミアリである可能性が高いことが、環境省より別紙のとおり発表されましたので、お知らせします。

東京港では、環境省・国土交通省と連携して、大井・品川・青海の各コンテナふ頭内に、ベイト剤(毒餌)の設置及びトラップ調査を継続して実施しております。
東京港内でヒアリまたはアカカミアリが確認された周辺地域においては、目視による調査等を強化しています。
引き続き、都民及び関係者等への注意喚起を実施していきます。

注意喚起の実施状況

  • 東京港内の港湾施設利用者への周知
  • 発見場所から半径2キロメートル圏内の公園に注意喚起の看板を設置
  • 都ホームページにヒアリによる被害の予防方法等の情報を掲載
  • 港湾局・環境局ツイッター及びフェイスブックでの注意喚起
問い合わせ先
(港湾施設における対応に関すること)
港湾局港湾経営部経営課
電話 03-5320-5553
(特定外来生物一般に関すること)
環境局自然環境部計画課
電話 03-5388-3548

ページの先頭へ戻る