トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 屋根リフォーム工事等の訪問販売業者に業務停止命令 > 別紙 特定商取引に関する法律第8条第1項に基づく業務の一部停止命令

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月20日  生活文化局

〔別添〕

特定商取引に関する法律第8条第1項に基づく業務の一部停止命令

1 事業者の概要

  • 事業者名 株式会社アリエッタハウジング
  • 代表者名 代表取締役 原田昌幸
  • 所在地 神奈川県相模原市中央区由野台一丁目1番10号 岩波淵野辺ビル4階
  • 設立 平成20年11月4日
  • 資本金 200万円
  • 業務内容 屋根リフォーム工事等
  • 売上高(※) 約3億6千万円(平成27年11月~平成28年10月)
  • 従業員数(※) 29名(うち営業員14名)

※事業者報告による

2 勧誘行為等の特徴

  1. 当該事業者の営業員は屋根の状態を確認していないにもかかわらず、「近くの工事現場からお宅の屋根に不具合があるのが見えた。このままにしておくと、雨漏りを起こすかも知れない。見てあげます。」などと告げて消費者宅を突然訪問し、勧誘に先立って会社名や屋根等のリフォーム工事契約の勧誘が目的であることを明らかにしない。
  2. 営業員は上司を呼んで来ますなどと告げて一度立ち去った後、しばらくして、上司とともに消費者宅を再訪問する。
    上司は消費者宅の屋根に上って点検したうえで、「瓦がずれて雨漏りがする。」、「屋根がかなり傷んでいます。このままにすると大変なことになりますよ。早く直した方がよい。早急な工事が必要だ。」、「建物に亀裂が入っているのが確認できた。すぐ外壁を塗装したほうがいい。」などと消費者に契約締結が必要であると誤解させるような嘘を告げる。

3 業務の一部停止命令の内容

平成29年7月21日(命令の日の翌日)から平成30年1月20日までの間(6か月)、特定商取引法第2条第1項に規定する訪問販売に係る次の行為を停止すること。

  1. 役務提供契約の締結について勧誘すること。
  2. 役務提供契約の申込みを受けること。
  3. 役務提供契約を締結すること。

4 業務の一部停止命令の対象となる主な不適正取引行為

不適正な取引行為 特定商取引法の条項
契約の締結について勧誘をするに際し、「失礼ですが、屋根瓦がずれているようだけど、雨漏りはしていませんか。」、「この近くのマンションで工事をしていたんですけど、マンションからお宅の屋根を見ると、屋根が壊れて剥がれているのが見えました。このままにしておくと、雨漏りを起こすかも知れません。見てあげます。」などと告げて消費者宅を突然訪問しており、勧誘に先立って、事業者の名称及び本件契約の締結について勧誘をする目的である旨を明らかにしていなかった。 第3条
勧誘目的等不明示
契約の締結について勧誘をするに際し、「瓦がずれて雨漏りがする。」、「屋根がかなり傷んでいます。このままにすると大変なことになりますよ。早く直した方がよい。早急に工事が必要だ。」、「建物に亀裂が入っているのが確認できた。すぐ外壁を塗装したほうがいい。」などと消費者が契約の締結を必要とする事情に関する事項について事実と異なることを告げていた。 第6条第1項
不実告知

5 今後の対応

業務停止命令に違反した場合は、行為者に対して特定商取引法第70条の2の規定に基づき2年以下の懲役又は300万円以下の罰金又はこれを併科する手続きを、法人に対しては特定商取引法第74条の規定に基づき3億円以下の罰金を科する手続きを行う。

ページの先頭へ戻る