トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 東京港におけるヒアリの調査状況報告

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月14日  港湾局, 環境局

東京港におけるヒアリの調査状況報告について

本日、環境省及び国土交通省と合同で東京港において実施しました調査において、ヒアリは確認されませんでしたが、アカカミアリが確認されました。
調査結果について、環境省より別紙のとおり、発表がありましたのでお知らせします。
確認されたアカカミアリは、専門家の指導に基づき、駆除や拡散防止の処理を行っています。
東京港では、環境省・国土交通省と連携して、大井・品川・青海の各コンテナふ頭内に、ベイト剤(毒餌)及びトラップの設置をしております。引き続き、目視による調査も行っていきます。

また、先般、大井ふ頭においてヒアリが発見されたコンテナは、薬剤による燻蒸により徹底した駆除を行いました。当該コンテナは、平成29年7月18日に東京港から国外へ搬出される予定です。引き続き、ヒアリが発見された周辺地域において、目視及びモニタリングトラップ等の調査を実施していきます。

注意喚起の実施状況

  • 東京港内の港湾施設利用者への情報提供
  • 発見場所から半径2キロメートル圏内の海上公園に注意喚起の看板を設置
  • 都ホームページに特定外来生物による被害の予防方法等の情報を掲載
  • 港湾局・環境局ツイッター及びフェイスブックでの注意喚起
問い合わせ先
(港湾施設における対応に関すること)
港湾局港湾経営部経営課
電話 03-5320-5553
(特定外来生物一般に関すること)
環境局自然環境部計画課
電話 03-5388-3548

 

ページの先頭へ戻る