ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月13日  東京都, 羽村市

〔別紙1〕

横田基地所属C-130Hの部品遺失について(要請)

平成29年7月13日、北関東防衛局を通じて、「平成29年7月12日(水曜日)午後、訓練飛行後に行った点検中に横田基地所属C-130Hの金属部品が無いことが判明した。着陸装置の一部の部品で、大きさは約2インチ×5インチ(約5センチメートル×12.7センチメートル)、重さは約1ポンドのプレートである。」との情報が、東京都及び基地周辺自治体に提供された。
部品等の落下は人命に関わる重大な事故につながりかねず、多くの住民に不安を与えるものである。
先月にも横田基地に着陸したC-5輸送機の部品遺失が確認されたことから、再発防止の徹底を要請したが、再びこうした事故が発生したことは、極めて遺憾である。
度重なる事故の発生に対して厳重に抗議するとともに、貴職においてはこのような状況を十分に認識され、下記のとおり対応するよう要請する。

  1. 事故の経緯を明らかにするとともに、原因究明を行い再発防止を図ること。
  2. 航空機の点検整備を強化するとともに、安全確保の徹底を図ること。
  3. 以上に関する情報を関係自治体に速やかに提供すること。

平成29年7月13日

在日米軍横田基地第374空輸航空団司令官
ケネスE.モス大佐 殿

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会

会長 東京都知事 小池百合子
副会長 羽村市長 並木心
立川市長 清水庄平
昭島市長 臼井伸介
福生市長 加藤育男
武蔵村山市長 藤野勝
瑞穂町長 杉浦裕之

ページの先頭へ戻る