トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > ものづくり・匠の技の祭典2017 詳細決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月12日  産業労働局

日本全国の伝統的な匠の技が見られる、ものづくりを体感できる 3日間
ものづくり・匠の技の祭典 2017 詳細決定!
8月9日(水曜日)・10日(木曜日)・11日(金曜日・祝日) 東京国際フォーラムにて開催(入場無料)

東京都は、日本を支えてきた伝統的な匠の技と最先端のものづくり技術の魅力を発信する「ものづくり・匠の技の祭典2017」を開催します。この度、詳細が決定しましたので、以下のとおりお知らせいたします。

オープニング 8月9日

国内外で活躍する左官職人の挾土秀平氏が登場し、匠の技が結集した作品を披露して会場を盛り上げます。

ステージイベント

ペイントアーティストの『さとうたけし』氏によるライブペイントパフォーマンスや、重要無形文化財総合指定保持者の『善竹十郎』氏たちによる狂言、『四條流宗家』による包丁式の実演、『和装の匠』による着物ファッションショーなど、匠の技を披露します。

テーマ展示

会場内では建築職人たちが伝統的な技法で家を建てるパフォーマンスを毎日行い、茶道や華道の世界を堪能することもできます。

各出展ブース

日本各地から集まったものづくりの伝統を継ぐ約80団体が、“衣” “食” “住” “工”および“伝統工芸”、“全国”のゾーンに分かれ、匠の技術の実演や逸品の展示・販売を行います。工芸品づくりなどを体験できるブースもあります。

全国ブース

津軽こけしや井波彫刻、西陣織などの全国各地の伝統工芸も出展します。

写真
2016年初開催時の総来場者数は、約3万6,000人

開催概要

日時

平成29年8月9日(水曜日)・10日(木曜日)・11日(金曜日・祝日) 午前10時00分~午後6時00分
※最終日11日は、午後4時まで

場所

東京国際フォーラム <メイン会場>ホールE(地下2階) <全国ブース>ロビーギャラリー(地下1階)

公式HP

 http://www.monozukuri-takumi-expo.tokyo/(外部サイトへリンク)(本日より、体験ブースの事前予約受付開始予定)
※ イベント情報は随時更新予定です。 最新スケジュールなどはホームページをご参照ください。

主催

ものづくり・匠の技の祭典2017 実行委員会

※参考 チラシ(PDF:485KB)

2020年に向けた実行プラン事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。

「スマート シティ 政策の柱4 国際・金融都市」

問い合わせ先
産業労働局雇用就業部能力開発課
電話 03-5320-4717
ファクス 03-5388-1452

 

ページの先頭へ戻る