ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月12日  建設局, (公財)東京都公園協会

〔別紙〕

旧古河庭園 「錦秋染まる旧古河庭園」

旧古河庭園では、紅葉の季節に合わせて「錦秋染まる旧古河庭園」を開催いたします。
イベント期間中には美しく色づいた紅葉とともに、津軽三味線や琵琶の演奏会もお楽しみいただけます。
バラや洋館に留まらない、旧古河庭園の趣ある秋景色と、日本の伝統文化の共演をぜひご覧ください。
皆様のご来園をお待ちしております。

写真 写真
紅葉の旧古河庭園

 

1 日時

平成29年11月18日(土曜日)~12月3日(日曜日)
9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

2 内容

(1) 秋を彩る演奏会・津軽三味線

  • 日時
    11月18日(土曜日)※雨天中止
    12時00分・15時00分(各回約30分)
  • 場所 洋館横芝生広場
  • 内容 兄弟デュオによる津軽三味線の演奏
  • 出演者 小山兄弟(おやまきょうだい)
    (小山慶一(おやまよしかず)氏・小山慶宗(おやまよしむね)氏)
  • 参加費 無料(入園料別途)
写真
小山兄弟(昨年の様子)

出演者プロフィ-ル

  • 兄 小山慶一
    1992年、津軽三味線小山流入門。現在は小山流準総師範。
    2011年には坂本冬美・藤あや子博多座初夢公演・大阪新歌舞伎座特別企画公演で演奏する。
    1995年頃より、演奏活動を始める。ソロ演奏を中心に、ジャンルを越えて活動。
  • 弟 小山慶宗
    1995年、津軽三味線小山流入門。2012年には小山流師範取得。
    2010年、日本民謡フェスティバルに出演し、NHKホールにて演奏する。
    兄弟共々各種イベント活動やボランティア活動を通し、日本伝統芸術の伝承、更には舞台、テレビ等に出演するなど、精力的に活動中。

兄弟ともに2015年『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』 全国5大ドームツアーに参加。同年12月31日、第66回紅白歌合戦 石川さゆり『津軽海峡冬景色』に出演。翌年ARASHI”Japonism show"in ARENA 参加。

(2) 秋を彩る演奏会・琵琶

  • 日時 12月2日(土曜日)※雨天中止
    12時00分・15時00分(各回約30分)
  • 場所 洋館横芝生広場
  • 内容 2人の琵琶奏者による琵琶語り(演奏)
  • 出演者 谷中琵琶Style(やなかびわスタイル)
  • 参加費無料(入園料別途)
写真
谷中琵琶Style(昨年の様子)

出演者プロフィ-ル

  • 谷中琵琶Style
    一人でも多くの人に琵琶を好きになって欲しい。
    そんな思いで琵琶奏者の川嶋信子(かわしまのぶこ)と久保田晶子(くぼたあきこ)が2006年に谷中琵琶Styleを結成。
    琵琶の音が町に溶け込む風景を目指した事から、情緒ある谷中の町で活動をスタートさせた。
    本来は一人で弾き語る琵琶の可能性を探りながら、二人ならではの楽曲の創作やアレンジを行う。
    2015年7月に待望のファーストアルバム「あけぼの」を発売した。

(3) 臨時売店 ※荒天中止

  • 日時 期間中毎日 10時00分~16時00分
  • 場所 芝生広場アプローチ部分
  • 内容 雑貨・ジェラート等の販売

(4) 大正気分で人力車

  • 日時 11月25日(土曜日)
  • 集合 洋館入口付近
  • 内容 学生の車夫が曳(ひ)く人力車が洋館前を走ります。
    写真撮影スポットとしてもご利用ください。
  • 参加費 無料(入園料別途)
  • 協力 學生俥屋(がくせいくるまや)

※詳しい実施時間等はホームページでご案内します。

写真

人力車(他イベントでの実施の様子)

(5) 伝統技能見学会 ※荒天中止

  • 日時 12月3日(日曜日)
    10時00分・13時00分(各回約60分)
  • 集合 サービスセンター前
  • 内容 雪吊り降りおろし等の実演・解説と雪吊りの作業体験
  • 参加費 無料(入園料別途)
  • 定員 各回30名(当日先着順・事前申込不要)
写真

昨年の雪吊り降りおろしの様子

旧古河庭園について

当園は、武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。
この庭園はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。
ジョサイア・コンドル設計の洋館と洋風庭園、京都の庭師植治こと小川治兵衛が作庭した日本庭園が現存しています。
数少ない大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在で、伝統的な手法と近代的な技術の融和により、和洋の見事な調和を実現している秀逸で代表的な事例であり、また、現存する近代の庭園の中でも、極めて良好に保存されている数少ない事例として重要であるとして、平成18年1月26日に国の名勝指定を受けました。

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

休園日

12月29日~1月1日

住所

北区西ヶ原1-27-39

交通

JR京浜東北線 上中里駅下車 徒歩7分
東京メトロ 南北線 西ヶ原駅下車 徒歩7分
JR山手線 駒込駅下車 徒歩12分
北区コミュニティバス(王子・駒込ルート)20分間隔
JR山手線駒込駅より5分・JR京浜東北線王子駅より20分 「旧古河庭園」下車
※駐車場はございません。

入園料

一般 150円 65歳以上 70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※10月1日(日曜日)は「都民の日」で無料

問い合わせ先

旧古河庭園サービスセンター 電話:03-3910-0394

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

交通案内

地図

園内マップ

図

 

 

ページの先頭へ戻る