トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 豊洲移転延期に関する住民監査請求(その2)審査結果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月07日  監査事務局

知事の豊洲市場への移転延期の判断は合理的根拠がなく裁量を逸脱した違法なものであるなど
として知事等に対し維持管理費の損害賠償を求める住民監査請求(その2)の審査結果について

平成29年5月31日付で提出された住民監査請求について、監査委員から、次のような審査結果が出されましたのでお知らせします。

結果:本件請求は、地方自治法第242条に定める住民監査請求として不適法であるので監査を実施しない。

請求の内容

豊洲市場の維持管理費のうち平成29年3月及び4月に支出された26件は、合理性の全く認められない無駄な支出であり、それ自体が違法であることに加え、知事の移転延期の判断は、合理的根拠の全くない裁量を逸脱した違法なものであり、当該違法性が上記支出に承継されるとして、知事等に対し、都が被った損害の賠償及び都の当該損害賠償請求権の行使を求める。

判断要旨

別紙(PDF:152KB)のとおり

問い合わせ先
監査事務局総務課
電話 03-5320-7011
電話 03-5320-7018

ページの先頭へ戻る