トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 7月 > 都市部の公園・南部グループからのお知らせ 7月5日号 > 別紙 星空観望会in都立芝公園~月と、土星を星のソムリエ(R)と見よう~

ここから本文です。

報道発表資料  2017年07月05日  建設局, (公財)東京都公園協会

〔別紙〕

星空観望会in都立芝公園
月と、土星を星のソムリエ(R)と見よう

明治6年(1873年)の太政官布達によって公園に指定された「日本最古の公園」の一つ、芝公園。増上寺を囲むように点在する環状の公園です。都心の公園でありながら、クスノキやケヤキ、イチョウなどの大木がところどころにあり、豊かな自然と歴史に触れることができます。昨年度初めて開催し、大変好評を得たイベントです。都心の公園で星空を見て、天体観察の面白さに触れてみませんか。

写真
昨年度の様子

1.日時

平成29年9月2日(土曜日) 19時00分~21時00分(雨天・曇天順延)
(順延日)平成29年9月3日(日曜日) 19時00分~21時00分(雨天・曇天中止)

※実施状況は、NPO法人小さな天文学者の会関東支部ホームページおよび芝公園公式ツイッターアカウントで当日14時00分までにお知らせします。

NPO法人小さな天文学者の会関東支部ホームページ(外部サイトへリンク)
都立芝公園公式ツイッターアカウント

2.場所

芝公園 18号地

3.内容

天体望遠鏡を使った月・土星などの天体観察

4.参加費

無料

5.定員

なし ※小学生以下は保護者同伴

6.申込方法

当日自由受付

7.共催

NPO法人小さな天文学者の会 関東支部

「星のソムリエ(R)」とは

豊かな知識と経験からおいしいワインを選んでくれるソムリエのように、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる星空案内人(R)です。星空の案内に必要な天文学の知識、星座探しや小望遠鏡による観察の技能、星座物語など文化に関する知識を備えています。「星のソムリエ(R)」「星空案内人(R)」は山形大学の登録商標であり、資格認定制度による資格の名称です。

芝公園について

日本で最も古い公園の一つ。明治6年の太政官布達によって、上野、浅草、深川、飛鳥山と共に芝の5カ所が、日本で最初の公園として指定され、以後の公園造成のさきがけとなりました。当初は増上寺の境内を含む広い公園でしたが、戦後の政教分離によって境内の部分が除かれ、環状の公園になりました。園内には、歴史の古い公園らしく、クスノキ、ケヤキ、イチョウなどの大木がところどころにあります。また、現在、スポーツ施設として、野球場とテニスコートがありますが、芝公園は、明治35年に運動器具が備えられ、東京の公園における運動施設の始まりという歴史を持っています。

写真

住所

港区芝公園4-10-17

問い合わせ先

芝公園サービスセンター 電話:03-3431-4359

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

交通案内

  • JR「浜松町」下車 徒歩12分
  • 都営地下鉄三田線
    「芝公園」下車 徒歩2分
    「御成門」下車 徒歩2分
  • 都営地下鉄浅草線・大江戸線
    「大門」下車 徒歩5分
  • 都営地下鉄大江戸線
    「赤羽橋」下車 徒歩2分

※駐車場はありません。公共の交通機関をご利用ください。

図

公式twitter

@ParksSiba 都立芝公園公式ツイッターアカウント

園内マップ

図

ページの先頭へ戻る