トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 6月 > 都営住宅における吹付けアスベスト等の使用実態について

ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月29日  都市整備局

都営住宅における吹付けアスベスト等の使用実態について

東京都では、平成元年度から、都有施設における吹付けアスベスト等※1の使用状況を調査し、その結果に基づき飛散防止対策を進めてきました。また、平成17年度からは、対象となるアスベスト含有建材の範囲を広げるとともに、アスベストの使用状況等について、集計し公表してきています。
この度、国土交通省から「公営住宅等における吹付けアスベスト等の使用実態に係る情報提供について」(平成29年6月22日付け国住備第51号)で依頼があったことを受け、都営住宅にお住いの方、以前居住されていた方に的確に情報を提供するため、都営住宅における吹付けアスベスト等の使用実態について、改めて、別紙(PDF:167KB)のとおりお知らせします。
都営住宅においては、居室等への吹付けアスベスト等の使用が1団地で確認されていますが、建設当初(昭和45年度)から天井が張られ露出しておらず、囲い込み等の措置が行われています。(平成15年度に大規模改修工事で除去済、別紙:表3参照)
また、吹付けアスベスト等が使用された全ての住棟で、アスベスト対策工事※2が完了しています。
なお、封じ込め工事を実施した1団地2住棟については、改めて現地調査を行い、劣化や損傷がないことを確認しています。

※1 吹付けアスベストまたはアスベスト含有吹付けロックウール(アスベストを0.1重量%超含有しているものに限る)
※2 除去、封じ込め(薬剤等により固化させ、飛散を防止)及び囲い込み(ボード等で覆い、飛散を防止)

都営住宅にお住いの方、以前居住されていた方の本件に関するお問い合わせ先

JKK東京お客様センター
電話 0570-03-0072
IP電話やPHSをご利用の方 03-6812-1171
受付時間 9時~18時(土日・祝日は除く)

問い合わせ先
都市整備局都営住宅経営部住宅整備課 
電話 03-5320-5035

ページの先頭へ戻る