トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 6月 > 28年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要

ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月27日  福祉保健局

平成28年度 東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要

このたび、食品衛生法に基づく「平成28年度東京都食品衛生監視指導計画」の実施結果について、概要を取りまとめましたのでお知らせします。
平成28年度は、食品関係営業施設(特別区、八王子市及び町田市の対象施設を除く。)に対し、延べ339,852軒の監視指導を実施し、食品の衛生的な取扱いなどの指導を行いました。また、食品等について、109,084項目の検査を実施した結果、規制値を超える下痢性貝毒を検出したホタテガイ等、12項目(12検体)の違反を発見し、必要な措置を行いました。

平成28年度 主な監視指導の結果

1 食中毒対策 社会福祉施設や食肉の取扱施設に対する監視指導...延べ6,182軒

  • 最も件数の多いノロウイルス食中毒の対策として、社会福祉施設や病院給食施設等に対し、延べ3,575軒の監視指導を行いました。また、昨年8月に都内老人ホームで発生したきゅうりのあえ物を原因とした腸管出血性大腸菌食中毒事件を受け、高齢者等に食事を提供する施設に対し、非加熱で提供する野菜の殺菌等を徹底するよう緊急に衛生講習会を実施しました。
  • 昨年4月に都内の食肉関連イベントで発生した加熱不十分な鶏肉を原因としたカンピロバクター食中毒事件を受け、飲食店等に対し、夏期及び歳末の一斉監視事業を中心に延べ2,607軒の重点的な監視を行い、十分に加熱調理するよう指導しました。
  • 医師からの食中毒の届出や、都民等から寄せられた体調不良等の情報をもとに、1,145件の事案について調査を行いました。その結果、128件(平成27年度133件)を食中毒と断定しました。

※都・特別区・八王子市・町田市の合計値

2 食品表示対策 食品関係営業施設に対する表示監視...延べ190,639軒

  • 延べ190,639軒の食品製造・流通・販売業者等に対し、食品表示法及び米トレーサビリティ法に基づき839,668品目の表示検査を行った結果、2,536件の表示不適正を発見し、適正な表示に改善させるなど必要な措置を行いました。
  • 食品の適正表示推進者育成講習会を2回開催し、753名の事業者が参加しました。

3 輸入食品対策 都内流通する輸入食品等の検査...45,513項目

  • 基準値を超える残留農薬を検出したチコリ1項目(1検体)の食品衛生法違反を発見し、輸入者を管轄する自治体へ通報しました。
  • 輸入者に対して延べ189軒の立入りを実施し、事故発生時の管理体制等を把握するとともに取組状況に応じた指導や取扱食品の検査を行いました。

4 食品中の放射性物質対策 都内流通食品の検査...1,200検体

  • 都内に流通する食品1,200検体について放射性物質検査を行った結果、基準値を超えるものはありませんでした。
  • 芝浦と場でと畜される牛全頭(88,307頭)について放射性物質検査を行った結果、基準値を超えるものはありませんでした。

結果概要の入手方法

※主な実施結果数値は、別紙(PDF:125KB)を参照ください
※別紙 平成28年度都の収去検査により発見された違反食品(PDF:88KB)
※別紙 平成28年度東京都食品衛生監視指導計画実施結果概要(PDF:992KB)

問い合わせ先
福祉保健局健康安全部食品監視課
電話 03-5320-4404

ページの先頭へ戻る