トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 6月 > キョンの推定生息数(平成28年)について

ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月23日  環境局

キョンの推定生息数(平成28年)について

近年、伊豆大島において特定外来生物であるキョンが増加しており、大島町の特産物であるアシタバ等を食べて被害を及ぼしているほか、絶滅危惧種のキンラン等も食べることから、生態系にも影響を与えています。
都はキョン対策の一環として、キョンの実態把握を目的に、毎年、生息状況調査を実施し、生息数の推定を行ってきました。今般、平成28年の生息数を推定しましたのでお知らせします。
この結果を踏まえて、都は引き続き対策の強化に取り組んでいきます。

※海外起源の外来種であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるもの

1 キョン推定生息数(平成28年)

15,283頭(前年比1,699頭増、約13%増)
階層ベイズ法により推定した中央値

※階層ベイズ法:捕獲数や自然増加率など複数の指標を活用し、統計モデルにより個体数を推定する手法。環境省による全国のシカ、イノシシの個体数推定にも採用されている。

2 増加要因

  1. キョンは繁殖率が高く、年20~30%増加すると考えられ、増加数に捕獲数が追い付いていない。
  2. 捕獲できている個体はオスが主体(メスは角が無いため捕獲網にかかりにくい)

3 平成29年度の主な取組

  1. アクセスが困難で、従来、捕獲圧がかけられなかった地域で、集中的に捕獲を実施し、生息数の低減を目指す。
  2. 安全対策に配慮し、地元の理解を得ながら、島内外からハンターを増員して、捕獲数の向上を目指すとともに、町と連携して、わな等の設置を増加する。
  3. さらなる捕獲の強化のため、捕獲業者及び町民を構成員としてキョン捕獲チームを結成する。
写真
キョン(雄)体高40センチメートル程度

本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱3 豊かな自然環境の創出・保全」

問い合わせ先
環境局自然環境部計画課
電話 03-5388-3505

〔参考〕

1.年別推定生息数(中央値)

図

参考URL:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/animals_plants/kyon/index.html

ページの先頭へ戻る