ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月21日  福祉保健局

献血がつなぐ 命と優しさを
7月は「愛の血液助け合い運動」月間です!

東京都では、今年も献血推進運動の一環として「愛の血液助け合い運動」を実施します。全ての血液製剤を国内の献血によって確保する体制を早期に確立するため、皆様の一層のご協力をお願いいたします。
※この運動は厚生労働省、都道府県及び日本赤十字社により全国一斉に行われます。

画像
<掲出ポスター>

1 実施期間

平成29年7月1日から同月31日までの1か月間

2 実施機関

東京都、日本赤十字社東京都支部

3 主な実施内容

  • 献血キャンペーン周知用ポスターの作成及び掲出
    (掲出先:都営地下鉄、区市町村及び学校等)
  • 献血功労者への厚生労働大臣表彰状及び感謝状、並びに知事感謝状の受賞者の決定
  • 東京都職員献血の実施

4 献血日時・場所

都内14か所に常設の献血ルームがあります(別紙(PDF:86KB)参照)。
また、主要駅前等では、献血バスによる献血も行っています。
※実施日時、場所等の詳細は、東京都赤十字血液センターにお電話でお問い合わせいただくか(別紙の電話番号参照)、ホームページをご参照ください。

ホームページ(外部サイトへリンク)
携帯サイト(外部サイトへリンク)

5 献血について

400ミリリットル・成分献血へのご協力をお願いいたします。

  • 献血の種類
    「全血献血」:全ての血液成分を献血する方法です(400ミリリットル、200ミリリットル)。
    「成分献血」:成分採血装置を使用して血小板又は血しょうだけを献血する方法です。
  • 血液の安全性について
    人間の血液は、血液型が同じでも微妙な違いがあります。輸血量が同じであれば、少ない献血者からの血液を輸血したほうが、輸血を受ける方の副作用発生の可能性が低く、安全性が高まります。そのため、400ミリリットル献血や、一度に多くの血小板製剤や血しょう製剤を作ることができる成分献血への協力をお願いしています。

 

問い合わせ先
福祉保健局保健政策部疾病対策課
電話 03-5320-4506

ページの先頭へ戻る