ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月20日  建設局, (公財)東京動物園協会

〔別紙〕

多摩動物公園

動物情報

1. チーターが生まれました!

多摩動物公園(園長 永井清)では、このたびチーターが誕生しましたのでお知らせします。

(1) 誕生したチーター

  • 誕生日 平成29年6月8日(木曜日)
  • 頭数 5頭
  • 性別 オス1頭、メス3頭、不明1頭
  • 両親
    母親:リリー(多摩動物公園生まれ)
    父親:ムツ(九州自然動物公園生まれ)
写真
【誕生したチーター】
(撮影日:平成29年6月19日)

(2) 経緯

当園では飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物であるチーターの繁殖を進めています。
チーターの新たなペア形成や繁殖を目指すため、富士サファリパークからオスの「ムツ」が、ブリーディングローン(※)により来園していましたが、今回はその成果による繁殖となりました。
1頭は2日後に死亡しましたが、残る赤ちゃん4頭は順調に成長しています。6月19日の初めての体重測定ではオス760グラム、メス740グラム、800グラム、860グラムでした。

※ブリーディングローンについて
繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

(3) 公開予定などについて

現在親子の体調管理に配慮しながら様子を見守っているところです。公開日や名前につきましては、決まり次第、多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット(外部サイトへリンク))にてお知らせします。

(4) 当園での飼育状況(2017年6月20日現在)

16頭(オス8、メス8) ※今回誕生し、生存している4頭を含みます。

(5) 国内の飼育状況(2016年12月31日現在)

13園館 94頭(オス49、メス45)
資料:チーター国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

チーター(食肉目 ネコ科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:VU(絶滅危惧2類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Acinonyx jubatus jubatus
  • 英名 African Cheetah
  • 分布 アフリカのニジェール共和国、ナミビア共和国、ボツワナ共和国などのサバンナ
  • 生態等 陸上を走る動物の中ではもっとも速く、時速100キロメートル以上のスピードで走ることができます。ただし、このスピードは長続きせず、継続して400メートルほどしか走ることができません。獲物を捕らえるときは時間をかけてそっと近づき、30メートルほどの距離から一気に追いかけてしとめます。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧2類の正しい表記はローマ数字です。

2. モウコノウマが生まれました!

当園では、このたびモウコノウマの赤ちゃんが誕生しましたのでお知らせします。

(1) 誕生したモウコノウマ

  • 誕生日 平成29年6月15日(木曜日)
  • 性別 オス
  • 両親
    母親:エーコ
    2004年9月10日 多摩動物公園生まれ
    父親:クヴァジ―
    2007年6月21日 ヴィルドニスパーク・チューリッヒ(スイス)生まれ
写真
【エーコ親子】
(撮影日:平成29年6月16日)

(2) 公開について

現在、親子の体調管理に配慮しながら舎内で様子を見守っているところです。今後1週間程度でアジア園アジアの平原モウコノウマ舎展示場の一部で群れ入れの練習を開始する予定です。
名前などは、決まりしだい多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット(外部サイトへリンク))にてお知らせします。

(3) 当園での飼育状況(2017年6月20日現在)

13頭(オス5、メス8)
※今回誕生した赤ちゃんを含みます。

(4) 日本国内の飼育状況(2017年6月20日現在)

2園館15頭(オス6、メス9) ※当園調べ

【参考】モウコノウマ(奇蹄目 ウマ科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Equus przewalskii
  • 英名 Przewalski's wild horse
  • 分布 中央アジア草原地帯
  • 生態等 現存する唯一の野生馬(家畜化されていないウマ)で、かつてはアジア大陸内陸部の平原からヨーロッパにかけて広く分布していましたが、乱獲などにより個体数が激減し、野生下では一度絶滅しました。しかし、動物園でわずかに飼育されていたモウコノウマから世界各国の動物園で繁殖に努めた結果、個体数を回復してきました。現在、国連や世界各国の協力によってモンゴルの保護区を中心に野生復帰計画が進められた結果、モウコノウマが大平原を駆け回る姿が見られるようになりました。
    通常一産一仔。妊娠期間は330~350日。成獣は明るい黄褐色ですが、子どもは全体に白っぽく、たてがみと尾は縮れています。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧1B類の正しい表記はローマ数字です。

3. グレビーシマウマの「アンディ」が移動します

当園では、グレビーシマウマを姫路セントラルパークへ移動することになりましたのでお知らせします。

(1) 移動するグレビーシマウマ

  • 名前 アンディ
  • 性別 オス
  • 年齢 16歳
  • 生年月日
    2001年6月13日 富山市ファミリーパーク生まれ
    2009年5月27日 多摩動物公園来園
写真
【グレビーシマウマ「アンディ」】
(撮影日:平成29年6月9日)

(2) 移動予定日

平成29年6月21日(水曜日)

(3) 移動先

姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)

(4) 経緯

当園では、飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物であるグレビーシマウマの繁殖を進めています。
今回は国内での繁殖を推進するため、当園の「アンディ」がブリーディングローン(※)により、姫路セントラルパークへ移動することになりました。今回、サバンナ放飼場の再整備に伴い、一時期、オスがいなくなりますが、整備の状況をふまえて新たなオスの導入を検討していきます。

※ブリーディングローンについて
繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

(5) 当園での飼育状況(2017年6月20日現在)

2頭(オス0、メス2) ※今回移動する「アンディ」は含みません。

(6) 国内の飼育状況(2016年12月31日現在)

8園館 20頭(オス11、メス9)
資料:グレビーシマウマ国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】グレビーシマウマ(奇蹄目 ウマ科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Equus grevyi
  • 英名 Grevy’s zebra
  • 分布 エチオピア、ケニア北部の草原地帯
  • 体長 肩までの高さ1.4~1.6メートル
  • 体重 350~420キログラム
  • 習性等 シマウマの中ではもっとも大型。丸くて大きな耳を自在に動かし、体の位置を変えずに遠くの音の方向を知ることができます。体の縞模様は幅が狭くて数が多く、足の縞がひづめの上まであり、腹部には縞がないのが特徴。5~20頭くらいの小さな群れで、草原や木のまばらな林にくらしています。現在、野生での生息数は2,000頭前後で、絶滅が心配されています。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧1B類の正しい表記はローマ数字です。

イベント情報

「ムササビの棲む森を見よう」参加者募集!

当園では、日没にかけて滑空するムササビがどんな森に棲んでいるのかを考えながら行う自然観察会を開催します。観察前に、当園でムササビの棲む場所や滑空の秘密などを探るレクチャーを行い、その後、夜間運転中のケーブルカーを往復利用して高尾山薬王院に移動します。
ムササビの生活環境を観察しながら、それを育む自然について一緒に考えてみませんか。
※ムササビは野生動物のため、観察できない場合があります。

1. 日時

平成29年9月3日(日曜日)
14時00分~20時30分頃
14時00分 ウォッチングセンター 動物ホール集合
20時30分 京王高尾線「高尾山口」駅解散

2. 場所

多摩動物公園、高尾山薬王院周辺
※小雨決行です。雨天時・荒天予報時は中止しますが、動物園でレクチャーを実施します。

3. 対象

小学4年生以上(小学生は保護者同伴)

4. 定員

40名

5. 参加費

大人:1,000円、小学生:500円(ケーブルカー代・資料代)
※多摩動物公園~「高尾山口」駅までの交通費は各自でご負担ください。

6. 応募方法

往復はがきの往信面に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所、当日連絡のとれる電話番号を記入し、返信面に代表者の住所・氏名を明記のうえ、以下の宛先までお申し込みください。友の会会員の方は、会員番号もお書き添えください。
なお、保険手続きの関係上、はがきに記載されている氏名の方のみ参加可能とします。
【宛先】〒191-0042 日野市程久保7-1-1
多摩動物公園「ムササビの棲む森を見よう」係
※平成29年6月1日に郵便料金が改定されています。改定前のはがきをご使用の際はご注意ください。
※お申込みの際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

7. 締切

平成29年8月1日(火曜日)消印有効
※はがき1枚につき、5名まで応募可能です。
※応募者多数の場合は抽選とし、当落にかかわらずお知らせします。

写真

【高尾での観察会の様子】

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。 

ページの先頭へ戻る