トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 6月 > 講演会「高齢化がもたらす社会病理」

ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月19日  青少年・治安対策本部

講演会「高齢化がもたらす社会病理」
増加する高齢者万引きや認知症問題への対応を考える

都は、高齢者による万引きの背景や要因等を探るため、有識者による研究会を設置し、平成29年3月、「高齢者による万引きに関する報告書」を取りまとめました。報告書では、高齢者の孤立防止や再犯防止に向けた関係機関による支援体制の整備等が提言されています。
講演会では、有識者委員が高齢者万引きの実態について分かりやすく解説するとともに、認知機能の低下に伴う高齢者の問題行動への対応や、万引きを含め、高齢者の再犯を防止するために社会全体で取り組むべき方策について考えます。

1 日時

平成29年7月7日(金曜日)午後3時00分から午後5時00分まで ※午後2時30分受付開始

2 場所

東京ウィメンズプラザ ※会場案内参照

3 内容

【第1部】高齢者の万引きの背景・要因と実態調査(午後3時00分から午後3時50分まで)

  • 「社会経済状況の変化と高齢者の万引き」
    中央大学教授(有識者研究会 座長) 矢島正見 氏
  • 「高齢者の万引きの実態と要因―実態調査から見えてきたこと―」
    国士舘大学教授(有識者研究会 委員) 辰野文理 氏

【第2部】高齢者の問題行動への対応(午後4時00分から午後5時00分まで)

  • 「認知機能の低下に伴う高齢者の問題行動とその対応」
    桜美林大学老年学総合研究所長(有識者研究会 副座長) 鈴木隆雄 氏
  • 「罪を犯した高齢者への支援-取組事例を踏まえて-」
    更生保護法人 静修会荒川寮 施設長 福田順子 氏

「万引きに関する有識者研究会」及び「高齢者による万引きに関する報告書」について

4 定員

246名

5 申込方法

(1) 申込期限

平成29年6月30日(金曜日)必着

(2) 申込方法

次のいずれかの方法により、お申込みください。
なお、申込者多数の場合には先着順とさせていただきます。

  1. ファクス
    別紙「参加申込書」(PDF形式(PDF:80KB)/Excel形式(エクセル:26KB))に必要事項をご記入の上、送信してください。
    ファクス番号 03-5388-1217
  2. Eメール
    件名を「講演会『高齢化がもたらす社会病理』 参加申込」とし、氏名(フリガナ)・電話番号を明記の上、送信してください。
    Eメールアドレス ML-chian02(at)section.metro.tokyo.jp
    ※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

会場案内

東京ウィメンズプラザ(渋谷区神宮前5-53-67)

図

  • JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線 渋谷駅宮益坂口から徒歩12分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅 B2出口から徒歩7分
  • 都バス(渋88系統) 渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「セーフ シティ 政策の柱5 まちの安全・安心の確保」

青少年・治安対策本部公式ツイッター(外部サイトへリンク)
大東京防犯ネットワーク公式ツイッター(外部サイトへリンク)

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部安全・安心まちづくり課
電話 03-5388-2281

ページの先頭へ戻る