ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月19日  建設局, (公財)東京都公園協会

〔別紙〕

六義園
「夏の六義園~お江戸歴史探検~」

写真 写真
六義園アドベンチャー(昨年度の様子) ちょうちん片手に記念撮影

 

六義園(りくぎえん)では、園内の各所をクイズに回答しながら巡る「六義園アドベンチャー」や「ちょうちん片手に記念撮影」と、親子で遊びながら体験できる催しを開催します。歴史と緑あふれる六義園で、江戸の文化を楽しんでみませんか。

1. 日時

平成29年8月19日(土曜日)~27日(日曜日)

2. 内容

(1) 六義園アドベンチャー

  • 時間 9時00分~15時00分
  • 場所 園内全域
  • 内容 園内の各所に掲示された六義園の歴史や樹木等に関するクイズに答えながら、園内を巡っていただきます。
  • 参加費 無料(入園料別途)
  • 参加方法 サービスセンター窓口にて「六義園アドベンチャーシート」をお渡しします。8割以上正解された方には六義園オリジナルの景品をプレゼントします。

(2) ちょうちん片手に記念撮影

  • 時間 9時30分~16時00分 ※荒天中止
  • 場所 六義園サービスセンター横
  • 内容 六義園特製ちょうちんを片手に法被(はっぴ)姿で記念撮影をしていただけます。子どもサイズの法被もございます。
  • 参加費 無料(入園料別途)
写真
ちょうちん片手に記念撮影

六義園について

国指定特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳澤吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

休園日

12月29日~1月1日

住所

文京区本駒込6-16-3

交通

JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩7分
都営三田線 千石駅下車 徒歩10分
※駐車場はございません。

入園料

一般 300円 65歳以上 150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

庭園ガイド

土曜日・日曜日・祝日 11時00分・14時00分(各回60分程度)※荒天中止
集合:サービスセンター前
参加費:無料

英語ガイド

毎月第1・第3日曜日 11時00分・14時00分(各回60分程度)※荒天中止
集合:サービスセンター前
参加費:無料

交通案内

図

園内マップ

図

 

ページの先頭へ戻る