ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月09日  建設局, (公財)東京動物園協会

〔別紙〕

多摩動物公園

動物情報

1. ユキヒョウが生まれました!

多摩動物公園(園長 永井清)では、このたびユキヒョウが2頭誕生しましたのでお知らせします。

(1) 誕生したユキヒョウ

  • 誕生日 平成29年6月2日(金曜)
  • 頭数 2頭
  • 性別 不明
  • 両親 
    母親:ミミ 2009年5月13日 オーストリア・ザルツブルグ動物園生まれ
    2010年4月30日来園
    父親:コボ 2013年6月29日 カナダ・アシニボイン動物園生まれ
    2015年12月17日来園

(2) 経緯

平成29年2月末から3月初めにかけてコボとミミの間で交尾が見られ、今回2頭が誕生しました。
しかし1頭は生まれた当初から動きが悪く、6月5日に死亡しましたが、残る1頭は母親の元、順調に成育しています。

写真
【ミミと子どもの様子】
(撮影日:平成29年6月7日)

(3) 公開予定について

公開日は、決まりしだい多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット)(外部サイトへリンク)にてお知らせします。また、産箱内のライブ映像をユキヒョウ舎で公開しますが、その予定も同ホームページでお知らせします。

(4) 当園での飼育状況(2017年6月8日現在)

6頭(オス2、メス3、不明1) ※今回誕生し、生存している1頭を含みます。

(5) 国内の飼育状況(2016年12月31日現在)

10園館 21頭(オス10、メス11)
資料:ユキヒョウ国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】ユキヒョウ(食肉目 ネコ科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Uncia uncia
  • 英名 Snow leopard
  • 体長 100~150センチメートル(尾長:80~100センチメートル)
  • 体重 35~55キログラム
  • 分布 中央アジアの山岳地帯、標高2,700~6,000メートルの高山、岩の多い山腹
  • 生態 基本的に夜行性で、昼間は物陰に潜むことが多いです。冬はエサを求めて標高1,800メートルあたりまで降りてきます。寒さに耐えるため、被毛は長く密に生えています。妊娠期間は90~103日、通常は1回で2~3頭出産します。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧1B類の正しい表記はローマ数字です。

2. チンパンジーの「ケイ」がやってきました!

当園では、このたび東武動物公園(埼玉県南埼玉郡)から、メスのチンパンジー「ケイ」が来園しましたので、お知らせいたします。

(1) 来園したチンパンジー

  • 名前 ケイ
  • 性別 メス
  • 年齢 36歳
  • 生年月日 1980年7月4日 谷津遊園生まれ
    1981年3月25日 東武動物公園へ譲渡
写真
【来園したチンパンジー「ケイ」】

(2) 来園日

平成29年6月6日(火曜)

(3) 経緯

当園では飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物の繁殖を進めています。
今回は、国内におけるチンパンジーの新たなペア形成や繁殖を目指すため、東武動物公園から当園に「ケイ」が来園することになりました。

(4) 公開について

しばらくは非公開のエリアで過ごします。公開につきましては決まり次第、多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット)(外部サイトへリンク)にてお知らせします。

(5) 当園での飼育状況(2017年6月8日現在)

19頭(オス6、メス13) ※今回来園した「ケイ」を含みます。

(6) 国内の飼育状況(2016年12月31日現在)

50施設・316頭(オス137、メス179)
※資料:チンパンジー国内血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】チンパンジー(霊長目 ヒト科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Pan troglodytes
  • 英名 Chimpanzee
  • 分布 アフリカ(コンゴ川北部、セネガルからタンザニア)
  • 生態等 体長70~90センチメートル、体重30~70キログラム。果実、木の実や種子、昆虫、哺乳類などいろいろなものを食べます。群れをつくり、エサを探して広い範囲を移動しながら樹上や地上で生活します。寿命は40年から45年程度といわれています。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧1B類の正しい表記はローマ数字です。

3. マレーバクの「アタル」が移動します

当園では、マレーバクを横浜市繁殖センターへ移動することになりましたのでお知らせします。

(1) 移動するマレーバク

  • 名前 アタル
  • 性別 オス
  • 年齢 2歳9ヵ月
  • 生年月日 2014年8月16日 多摩動物公園生まれ
写真
【マレーバク「アタル」】

(2) 移動予定日

平成29年6月14日(水曜)

(3) 移動先

横浜市繁殖センター

(4) 経緯

当園では、飼育園館同士で相互協力しながら、希少動物の繁殖を進めています。
今回は、(公社)日本動物園水族館協会、生物多様性委員会マレーバク計画管理の下、国内での繁殖推進を目的に、当園の「アタル」がブリーディングローン(※)によって横浜市繁殖センターへ移動することになりました。

※ブリーディングローンについて
繁殖を目的とした動物の貸借契約のこと。動物園間で個体を移動させることによって新たなペア形成を促し、繁殖に寄与することを目的としています。

(5) 当園の飼育状況(2017年6月8日現在)

5頭(オス3、メス2) ※今回移動する「アタル」は含みません。

(6) 国内の飼育状況(2015年12月31日現在)

13園館 36頭(オス20、メス16)
※資料:バク科血統登録台帳【(公社)日本動物園水族館協会】

【参考】マレーバク(奇蹄目 バク科)(ワシントン条約附属書1、IUCNレッドリスト:EN(絶滅危惧1B類)、東京都ズーストック種)

  • 学名 Tapirus indicus
  • 英名 Malayan tapir
  • 分布 東南アジア(ミャンマー南部、タイ南西部、マレー半島、スマトラ島)
  • 生態等 水辺のある森林から草地の湿地帯に、単独で生息しています。水辺を歩き回り、木の葉や草などを食べます。おもに夜に活動し、トラなどの天敵に見つからないようにひっそりとくらしています。生まれた子供は「ウリボウ」と呼ばれる白い点々模様があり、生後半年までにはおとなと同じ模様になります。

※ワシントン条約附属書1、絶滅危惧1B類の正しい表記はローマ数字です。

イベント情報

子供写生画コンクール作品募集!

当園では、恒例の「子供写生画コンクール」を開催いたします。多摩動物公園の生き物たちの表情を描いた、多くの作品をお待ちしております。

イラスト
昨年の金賞作品

1.テーマ 

多摩動物公園の生き物たち

2.募集期間

平成29年7月1日(土曜)~8月31日(木曜)

3.応募資格

小学生以下のお子様

4.応募方法

  1. 画用紙は正門受付で配付するものを使用し、作品は当日中に正門受付に提出してください。完成作品のみ受け付けます。
  2. 提出の際は、裏面に「題名・郵便番号・住所・氏名・電話番号・学年(年齢)・返却希望の有無」を記入してください。
  3. 期間中は写生用具として、画板とクレヨンを貸し出します。正門受付でお申し出ください。
    ※ご応募の際ご提供いただいた個人情報は、当該イベントに関するご連絡のみに使用します。
    また、データの保管や削除など、個人情報については厳重な管理をいたします。

5.入選者発表

平成29年10月中に、入選者に直接通知します。

6.表彰式

平成29年11月3日(金曜・祝日)
多摩動物公園 ウォッチングセンター1階「動物ホール」

7.入選作品の展示

平成29年11月頃を予定

8.展示場所

多摩動物公園 ウォッチングセンター1階

9.作品返却

作品の返却を希望される場合は、以下の期間中に当園(案内係)までお越しください。
返却期間:平成29年12月9日(土曜)~平成30年1月8日(月曜・祝日)
※郵送による返却及び上記期間以外の返却は受け付けておりませんので、ご注意ください。

10.その他

  1. 入選上位作品及び入選者の住所(都道府県まで)・氏名・年齢は、多摩動物公園ホームページ(東京ズーネット)(外部サイトへリンク)に掲載するほか、園内・外にも掲示します。
  2. 入選作品の版権は、(公財)東京動物園協会に帰属します。

ご案内

【多摩動物公園】
<開園時間>9時30分~17時00分(入園は16時00分まで)
<休園日>毎週水曜日(祝日のときは、翌日)
<入園料>一般:600円、65歳以上:300円、中学生:200円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

※開園日については東京ズーネット(外部サイトへリンク)でご覧いただけます。

 

ページの先頭へ戻る