ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月07日  建設局, (公財)東京都公園協会

〔別紙〕

体験講座
六義園「江戸うちわづくりに挑戦!」

六義園(りくぎえん)では、江戸時代から続く伝統工芸「江戸うちわ」の製作を体験していただける講座を開催します。この夏は歴史と緑あふれる六義園で、風情ある「江戸うちわ」作りを通して、日本文化の魅力を再発見しませんか。

写真 写真 写真
夏の園内の様子 江戸うちわ 昨年度の制作の様子

1.日時

平成29年7月29日(土曜)
10時00分~12時00分(受付は9時30分から)

2.場所

六義園サービスセンター

3.内容

伝統工芸の歴史や技術について学びながら、六義園オリジナル模様の江戸うちわづくりを行います。

4.講師

太田美津江(おおたみつえ)氏(伝統工芸士)

講師プロフィール
太田美津江
うちわの太田屋4代目。「江戸うちわ」は江戸後期以前から江戸(谷中)で作られ、現在太田屋はうちわ材料の供給地、房州で「日本産」にこだわった製作を行っている。近年では、企業や東京手描友禅とのコラボレーション「絵うちわ」作品にも参加し、房州うちわの普及や継承にも力をそそいでいる。

5.定員

20名(事前申込制・先着順)

6.参加費

2,000円(入園料別途)※冷抹茶セット付き

7.申込方法

平成29年6月19日(月曜)から、メールにて申込を受け付けます。
※1件につき4名までお申し込みいただけます。
※定員になり次第、申込終了となります。

メール申込方法

メールの件名に「江戸うちわづくり申込」とご記入ください。
メールの本文に 1)江戸うちわづくり、2)参加者全員の氏名、3)代表者の氏名・電話番号 をご記入の上、以下までお申し込みください。
メールアドレス:2teien-kouza(at)tokyo-park.or.jp
※迷惑メール対策のため、メールアドレスの表記を変更しております。お手数ですが、(at)を@に置き換えてご利用ください。

『個人情報の取扱いについて』
お申し込みの際に頂いた個人情報につきましては、イベントに関わるご案内等のみに使用します。また、お預かりした個人情報は、その保護について万全を期すとともに、ご本人の同意なしに第三者に開示提供することはございません。但し、法令等により開示を求められた場合を除きます。

六義園について

国指定特別名勝。五代将軍徳川綱吉の寵臣・柳澤吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。江戸時代に造られた大名庭園の中でも代表的なもので、明治期には三菱の創業者である岩崎彌太郎の別邸となった。庭園は万葉集や古今和歌集に詠まれた紀州(現在の和歌山県)の景勝地「和歌の浦」の景色をはじめ、その周辺の景勝地や中国の故事に因んだ景観が映し出されている。

開園時間

9時00分~17時00分(最終入園は16時30分)

休園日

12月29日~1月1日

住所

文京区本駒込6-16-3

交通

JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩7分
都営三田線 千石駅下車 徒歩10分
※駐車場はございません。

入園料

一般 300円 65歳以上 150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

問い合わせ先

六義園サービスセンター 電話:03-3941-2222

ホームページ

公園へ行こう!(外部サイトへリンク)

庭園ガイド

土曜日・日曜日・祝日 11時00分・14時00分(各回60分程度)※荒天中止
集合:サービスセンター前 参加費:無料

英語ガイド

毎月第1・第3日曜日 11時00分・14時00分(各回60分程度)※荒天中止
集合:サービスセンター前 参加費:無料

交通案内

図

園内マップ

図

ページの先頭へ戻る