ここから本文です。

報道発表資料  2017年06月06日  株式会社東京ビッグサイト

〔別紙〕

中高生・大学生が主役!
「復興」を考える参加型復興支援イベント
「STAND UP SUMMIT 2017」
2017年8月8日(火曜)東京ビッグサイトで開催!!

株式会社東京ビッグサイトは、今年で4回目となる「STAND UP SUMMIT 2017」を開催します。このイベントは、東北・東京・海外の中高生・大学生が東京ビッグサイトに集結し、「未来は、自分たちで創っていく!」という想いのもと、復興のあり方や課題について考える参加型の復興支援イベントです。
震災から6年が経過した現在では、被災地の実情を伝える報道も減り、震災の風化を懸念する声も少なくありません。東北が抱える問題とは何なのか、必要な支援活動とは何なのか、これからの復興を担う若者たちと復興の未来について学んでいきます。
また、今回は「夏祭り=生きる力」をテーマに、「STAND UP FESTIVAL」(前日併催イベント)を会議棟前広場にて開催し、夏祭りにふさわしい歌やダンス、映像、花火等でSUMMIT前夜を盛り上げます。
多くの方のご来場をお待ちしています。

タイトル

STAND UP SUMMIT 2017
未来は自分たちで創っていく!~復興のソコヂカラin 東京ビッグサイト~

日時

平成29年8月8日(火曜日) 10時00分~18時00分

参加学生

東北・東京・海外の中高大学生 約350名

観覧申込

公式ウェブサイト(外部サイトへリンク)
※入場無料どなたでもご観覧いただけます。

会場

東京ビッグサイト 会議棟(レセプションホール・国際会議場ほか)

主催

株式会社東京ビッグサイト

共催

東京都、特定非営利活動法人 次代の創造工房

併催

「STAND UP FESTIVAL」(平成29年8月7日(月曜)18時00分~20時00分 会議棟前広場)

STAND UP SUMMITプログラム 8月8日

復興セッション 10時10分-14時25分

東北・東京・海外の学生がセッションに分かれ、協力企業・自治体による復興への取組を学びます。参加学生たちは、学んだ内容を元にポスターを作成し、他の参加者と共有することで復興の未来について様々な切り口から考察します。
※参加学生を対象としたセッションですが、一般の方にもご観覧いただけます。

写真

セッション参加団体

アメリカ大使館 商務部、独立行政法人 国際協力機構(JICA東北)、三陸鉄道株式会社、特定非営利活動法人GRA、スマイルとうほくプロジェクト(岩手日報社、河北新報社、福島民報社)、NPO法人 Do One Good、東北福祉大学、日本赤十字社、HABATAKI、福島県庁、NPO法人 b.e.c.o.(福島フェス)、NPO法人ボランティアインフォ、宮城県タクシー協会 仙台地区総支部、綾里漁業協同組合 恋し浜青年部、早稲田大学

為末大 SPECIAL TALK SHOW 15時00分-15時45分

“復興に向けてどういきていったらいいのか”を語っていただきます。

為末大氏プロフィール
陸上スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。
3大会連続オリンピックに出場。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2017年5月現在)。
現在は、スポーツに関する事業を請け負う株式会社侍を経営している。

写真

復興ディスカッション 15時45分-16時45分

為末氏が進行役となり、復興の先に創りたい未来、現在抱えている課題について熱いディスカッションを繰り広げます。

写真

前日併催イベント STAND UP FESTIVAL 8月7日 18時00分-20時00分

オープニングアクト

かえつ有明中・高等学校マーチングバンド部

私たちは1993年に創部し、今年で25年目を迎えました。「ALL FOR ONE, ONE FOR ALL(皆は一人の為に、一人は皆の為に)」を部のモットーとし、中学1年生から高校3年生まで一緒のチームとして活動しています。

写真

キッズダンス豊洲☆アイドルスター学園

地元豊洲の子供達のキラキラな夢を実現するキッズダンス&ボーカルスクール『豊洲☆アイドルスター学園』です。子供たちの元気いっぱいの笑顔と「エール」をお届けします!

写真

ゲストアクト

東北学生ミニLIVE

東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」が主催する海外ホームステイに参加をしたメンバーが、ホストファミリーへの感謝や、明日の東北に懸ける想いをもとに制作したオリジナルソングを届けます。ケツメイシなどを手掛ける音楽プロデューサー、YANAGIMAN氏により新たな命が吹き込まれた楽曲は必聴です!

写真
出演:(左)佐藤玲花(岩手県大船渡市/高3)(右)須田日香理(宮城県松島町/高2)

プロジェクションマッピング・花火

プロジェクションマッピング夏フェス2017

プロのクリエーターによる特別編集プログラムや、プロジェクションマッピングアワードを受賞した学生による「夏祭り=生きる力」をテーマとした新作プログラムを上映します。
フィナーレでは、洋上から打ち上げられる700発の花火とマッピング映像のコラボレーションが、有明の夜空を盛大に彩ります。
※荒天時順延:8月8日19時30分-20時00分

写真

※参考 「STAND UP SUMMIT 2017」(ポスター)(PDF:3,967KB)

問い合わせ先
STAND UP SUMMIT事務局
電話 03-5777-8600(ハローダイヤル)

ページの先頭へ戻る