トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 6月から9月は「夏季のVOC対策」重点実施期間です

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月30日  環境局

6月から9月は「夏季のVOC対策」重点実施期間です
近隣県市と連携して光化学スモッグ等の改善に取り組みます

光化学オキシダントとPM2.5の主要な原因物質のひとつである揮発性有機化合物(VOC)は、工場や屋外塗装によるものが都内の排出総量の6割を占めており、一般家庭においても、自動車やスプレー缶などから排出されています。このため、都は、対策ガイドの配布やVOC対策アドバイザーの派遣などVOC排出削減の取組を進めています。
しかし、夏季は、気温が高く日射量が多いことから、光化学オキシダントが高濃度になりやすく、近年も光化学スモッグ注意報が発令されています。こうした状況を改善するため、都は、平成25年度から、近隣県市と連携して、夏季のVOC削減に取り組んでいます。今年度は下記の対策に取り組んでまいりますので、お知らせします。

※近隣県市:埼玉県・千葉県・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市

1 「夏季のVOC対策」の内容

(1) 重点対策期間

平成29年6月~9月(光化学スモッグ注意報が発令されやすい期間)

(2) VOC排出抑制に向けた取組

1)工場・事業場に向けて

  • 有機溶剤取扱工場・事業場等に対し、近隣県市との共通の取組としてリーフレット(別紙1)を送付するほか、ホームページによる周知、立入指導等によってVOCの排出削減対策を呼びかけます。
  • 研究機関等と協力し、都の取組や光化学オキシダント対策の最新の知見を解説するVOC対策セミナーを開催します。
    開催日時:7月14日(金曜) 13時30分~16時40分
    会場:都民ホール(定員200名)
    ※詳細は環境局ホームページに掲載

2)印刷発注者等に向けて

  • 業界団体と協力し、環境にやさしい印刷発注についてのセミナーを開催します。
    (8月下旬開催予定)
    ※詳細は環境局ホームページにて別途ご案内します。

3)建築塗装、構造物塗装などの発注者に向けて

  • 業界団体等にリーフレット(別紙2)を送付するほか、ホームページ等によって、低VOC塗装の採用や塗装工程の時期の変更等の取組を呼び掛けます。
    ※詳しくは、ホームページに掲載している「東京都VOC対策ガイド〔建築・土木工事編〕、「低VOC塗装施工ハンドブック」をご覧ください。

4)都民の皆様に向けて

ホームページや広報東京都、環境局SNS(twitter、facebook)を通じてVOC削減に関する情報をお知らせしていきます。

  • 自動車の使用を控える
  • スプレー缶から噴霧ガスを使用しない霧吹きへ切り替える
  • 日曜大工で使用する塗料を水性塗料にする 等

2 光化学スモッグ注意報等の発令やPM2.5に関する情報提供

(参考情報)光化学スモッグ注意報の発令状況(下図)

  • 都内では、近年も光化学スモッグ注意報が発令されています。平成28年度の注意報発令日数は、都内全域で5日でした。(発令基準:オキシダント濃度0.12ppm以上)
  • 10年間の発令日数の平均は13.3日です。

図

 東京都環境基本計画事業
本件は、「東京都環境基本計画」における、以下の目標に係る事業です。
2020年までに、光化学スモッグ注意報の発令日数をゼロにする
2030年までに、全ての測定局における光化学オキシダント濃度を0.07ppm以下とする

2020年に向けた実行プラン事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱2 快適な都市環境の創出」

※別紙1リーフレット(都内事業者の皆さまへ)(PDF:1,059KB)
※別紙2リーフレット(屋外塗装工事を発注・施工する皆さまへ)(PDF:815KB)

問い合わせ先
環境局環境改善部計画課
電話 03-5388-3481

ページの先頭へ戻る