トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 2023年応用数理国際会議(ICIAM)の東京開催が決定

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月26日  産業労働局, (公財)東京観光財団

初の日本開催!世界85ヵ国、3,000名が集まる国際会議
2023年応用数理国際会議(ICIAM)の東京開催が決定!

東京都及び(公財)東京観光財団は、一度に多くの外国人旅行者を集客することで、高い経済波及効果が見込める国際会議の誘致を積極的に進めています。
この度、「2023年応用数理国際会議(ICIAM)」の誘致に向けて、(一社)日本応用数理学会及び(一社)日本数学会と連携して実施してきた誘致活動などが実を結び、初めて東京で会議を開催することが決定されましたのでお知らせします。

東京都の支援内容

  • 国際団体本部の視察や立候補書類の作成等の誘致活動支援
  • 会場借上費等の開催資金助成
  • 参加者に対する都内観光ツアーや文化体験プログラム等の提供 など

2023年応用数理国際会議(ICIAM)の概要(予定)

会期

2023(平成35)年8月20日~25日

会場

早稲田大学

参加者数

約3,000名(うち海外より約2,000名)

主催

ICIAM-International Council for Industrial and Applied Mathematics※
※ 数理科学の科学技術や産業への応用に関する最大かつ最も権威のある国際学会

応用数理国際会議

ICIAM(International Congress on Industrial and Applied Mathematics)と略され、上記をテーマとする国際会議として1987年より4年に1度開催されている。

問い合わせ先
(都の支援内容に関すること)
産業労働局観光部企画課
電話 03-5320-4687
(「2023年応用数理国際会議(ICIAM)」に関すること)
(公財)東京観光財団コンベンション事業部
電話 03-5579-2684

 

ページの先頭へ戻る