トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 「東京の川を考えるシンポジウム2017」参加者募集

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月25日  建設局

河川愛護月間関連行事のお知らせ
「東京の川を考えるシンポジウム2017」参加者募集!
~みんなで見つけよう!水辺のStory 東京の川~

7月は河川愛護月間です。東京都では、身近な東京の川について、知識を深めていただくため、下記のとおりシンポジウムを開催します。ぜひご参加下さい。

開催日時

7月26日(水曜) 13時30分~16時30分

場所

都民ホール(都庁議会棟1階)

住所

新宿区西新宿二丁目8番1号

募集人員

150人

テーマ

河川における地域と一体となったにぎわいの創出

東京の河川・水辺のにぎわいの創出に向けて、河川において地域と一体となった取組が進んでいます。そこで、本シンポジウムでは、水辺のにぎわいの創出につながる事例をまちづくりやコミュニティデザインの観点から紹介します。
さらに、東京の河川・水辺のにぎわいを創出するための新たな方法について、水辺を活用されている事業者や地域の観光に取り組まれている方々とディスカッションします。

【第1部】 基調講演

基調講演者:小泉秀樹(こいずみひでき)氏(東京大学まちづくり研究室教授)

【略歴】1964年、東京生まれ。1993年東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程修了。東京理科大学理工学部建築学科助手、東京大学工学部都市工学科講師・助教授・准教授を経て現職。専門は、コミュニティ・デザイン、協働のまちづくり、プレイスベーストプラン二ングなど。主な著書に『コミュニティデザイン学』(東京大学出版)、『都市・地域の持続可能性アセスメント』(学芸出版社)、『まちづくり百科事典』(丸善)、『スマートグロース』(学芸出版社)、など多数。

写真
小泉秀樹氏

【第2部】 パネルディスカッション

  • コーディネーター
    小泉秀樹氏
  • パネリスト
    小林薫氏(アシックスジャパン株式会社)
    久染健夫氏(江東区中川船番所資料館)
    冨士滋美氏(一般財団法人浅草観光連盟)
    藤原恭宏氏(株式会社リビタ※)

※隅田川“かわてらす”出店事業者

応募方法

往復はがきに必要事項を記入し、下記のあて先まで応募して下さい。
なお、平成29年6月1日付で、はがきの料金が改定されるため、返信用はがきの金額を62円にして送ってください。インターネットでも応募いただけます。
参加費は無料です。

必要事項

  • 参加者全員の氏名、年齢(ふりがなも記載してください。1名様の応募につき5人まで)
  • 代表者の住所
  • 電話番号
  • メールアドレス(お持ちの方)

あて先

〒163-8001東京都新宿区西新宿二丁目8番1号

締切日

7月7日(金曜)(消印・受信有効)
ホームページより、内容及びインターネットからの応募方法をご覧いただけます。
募集人数を超える場合は抽選(結果は応募締切より10日程度でお知らせ予定。)。

託児保育サービス

シンポジウム当日(13時00分から終了まで)、生後6カ月以上の未就学児のお子様をお預かりできます。ただし、受入人数に限りがあるため、お預かりできない場合があります。

〔個人情報等の取扱〕応募者の個人情報は、該当行事のご案内以外には使用しないものとし、その保護に万全を期してまいります。

問い合わせ先
建設局河川部環境計画担当
電話 03-5320-5425

ページの先頭へ戻る