トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 29年度東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業募集開始

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月25日  環境局

「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」
平成29年度補助対象地域の決定及び補助事業者の募集開始について

都では、東京2020大会競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和する「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」を実施しています。
本事業では、平成31年度までに、6地域程度で暑さ対策設備を整備することを目標とし、区市に対して地域指定の申請を募集していましたが、この度、今年度の対象地域2か所を決定しました。
また、これに併せて、対象地域において暑さ対策設備を整備する区市・事業者(補助対象者)の募集を開始します。

1 平成29年度補助対象地域

申請区市 (1)中央区 (2)調布市
補助対象地域
  • 銀座、京橋、日本橋、日本橋室町に係る中央通沿いの区域
  • 数寄屋橋公園
  • 京王線飛田給駅公共通路
  • 飛田給駅から国道20号線までの調布市道主要33号線(通称スタジアム通り)及びその沿道

近接する東京2020大会会場

  • 東京国際フォーラム
  • 東京スタジアム
  • 武蔵野の森総合スポーツプラザ
導入が見込まれる暑さ対策設備(例)
  • 微細ミスト及び緑化設備
  • 遮熱性能を有する日除け 
  • 微細ミスト
  • 遮熱性ブロック

 2 補助対象者の募集

補助対象地域内で、補助金の交付を受けて、先進技術等を有する暑さ対策設備を整備する者(区市・事業者)を募集します。

  1. 整備場所の条件:人が自由に出入りできる場所又は公共交通機関の施設等
  2. 補助率:10分の10
  3. 予算額:1地域あたり5,000万円(この額に達するまで複数の事業者を選定)
  4. 申請期限:平成29年6月21日(水曜)まで(郵送の場合は必着)
    申請方法・書類等については、環境局ホームページにある補助金交付要綱をご覧ください。

補助対象設備例

高反射性・遮熱性等を有する日よけ、微細ミスト設備、遮熱性・保水性舗装等 及び これらと共に整備する緑化設備

事業の流れ(平成29年度事業)

  1. 本事業により、暑さ対策設備を整備しようとする地域を有する区市は、都に地域指定の申請を行います。(決定済み)
  2. 都は、区市からの申請を審査し、補助対象となる地域を指定するとともに、地域内で暑さ対策設備を整備する補助対象者(区市・事業者等)を公募します。
  3. 本補助を受けようという補助対象者は、事業内容(整備する暑さ対策設備、場所、費用等)を検討した上で、都に対し申請を行います。(申請期限:6月21日(水曜日))
  4. 都は、補助対象者からの申請を審査し、予算の範囲内で、補助事業を決定します。

画像

 ※本事業により、暑さ対策設備を整備しようとする事業者で、詳細をお知りになりたい方は、都の問い合わせ先にご連絡ください。(区市に対するご連絡はお控えください。) 

 2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
 「スマート シティ 政策の柱2 快適な都市環境の創出」

問い合わせ先
環境局地球環境エネルギー部環境都市づくり課
電話 03-5388-3566

ページの先頭へ戻る