ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月25日  青少年・治安対策本部

外国人の適正雇用を推進するため街頭キャンペーンを実施します!
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて不法就労を許さない環境づくりを目指して
不法残留者数6万5,270人(平成29年1月1日現在)
3年連続で増加!!⇒不法就労者の増加が懸念!!

東京都では6月を「外国人適正雇用推進月間」とし、外国人の不法就労を防止するため、様々な取組を実施しますので、お知らせします。
期間中は、関係機関の協力を得て、事業主に対し、在留カードの見方や就労可能な在留資格の説明等適正な雇用に関する情報を周知するとともに、広く都民に呼び掛けを行い、外国人の不法就労を許さない環境づくりを目指します。

図

1 期間

平成29年6月1日(木曜日)から6月30日(金曜日)まで

2 取組

(1) 街頭キャンペーンの開催(都民に対する啓発活動)

東京入国管理局、警視庁、東京労働局及び各区市等関係機関と連携し、都内8か所において、外国人の適正雇用と不法就労防止を訴える街頭啓発活動を実施します。

該当キャンペーン実施日時及び場所

  • 6月1日(木曜)11時30分 品川駅港南口広場
  • 6月2日(金曜)11時30分 北千住駅西口広場
  • 6月5日(月曜)10時00分 羽田空港国際線ターミナル
  • 6月7日(水曜)11時30分 新宿駅西口構内
  • 6月8日(木曜)11時00分 渋谷駅ハチ公広場
  • 6月12日(月曜)11時30分 八王子駅構内
  • 6月26日(月曜)11時30分 中野駅北口広場
  • 6月30日(金曜)11時30分 六本木交差点

(2) 外国人適正雇用推進宣言事業所づくり(事業主に対する啓発活動)

都内の事業主に対し、外国人を雇用する際の注意点や不法就労者を雇用してしまった際の罰則等を理解してもらうため、事業所(飲食店、コンビニ等)を直接訪問して、「外国人労働者雇用マニュアル」(別紙参照)や「外国人適正雇用推進宣言事業所マグネット」等を配布します。今回は、品川駅、北千住駅及び八王子駅周辺で、街頭キャンペーンの前に事業所づくりを実施します。

問い合わせ先
青少年・治安対策本部総合対策部治安対策課
電話 03-5388-2279

〔参考〕

1 不法残留者の推移

図

2 昨年度の品川駅でのキャンペーンの様子

写真 写真

3 外国人労働者雇用マニュアル

図

青少年・治安対策本部のホームページからもダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る