トップページ > 都政情報 > 報道発表 > これまでの報道発表 > 報道発表/平成29(2017)年 > 5月 > 29年冬期 路上生活者概数調査の結果

ここから本文です。

報道発表資料  2017年05月23日  福祉保健局

平成29年冬期 路上生活者概数調査の結果

東京都は、都内における路上生活者数を把握するために、道路・公園・河川敷・駅舎等の路上生活者の概数調査を行いました。
今回、その調査結果を取りまとめましたのでお知らせします。

1 調査結果(概要)

平成29年1月時点での東京都の路上生活者数は、1,397人でした。このうち、都・区市町村の調査による人数は754人(区721人、市町村33人)、国管理河川が643人でした。前年同月と比べ、合計で76人の減となりました。

(単位:人)
  区市町村 国管理河川 合計
(a)+(d)
29年1月
(a)
28年1月
(b)
増減
(c)=(a)-(b)
29年1月
(d)
28年1月
(e)
増減
(f)=(d)-(e)
29年1月
(g)
28年1月
(h)
増減
(i)=(g)-(h)
23区 721 744 -23 525 575 -50 1,246 1,319 -73
市町村 33 28 118 126 -8 151 154 -3
都合計 754 772 -18 643 701 -58 1,397 1,473 -76
※国管理河川分(国土交通省):多摩川、浅川、荒川、綾瀬川、江戸川

 

区市別では、渋谷区の24人減をはじめ、千代田区、台東区、世田谷区、杉並区などで減少し、施設別では、主に都管理公園及び国管理河川で減少しました。(資料1(PDF:75KB)資料2(PDF:71KB)参照)
これには、都と23区が共同で取り組んできた、自立支援センターの運営をはじめとする、路上生活者対策事業等の効果が、寄与しているものと考えられます。

※自立支援センターは、ホームレス及びホームレスとなるおそれのある方を一時的に保護し、就労による自立と早期の社会復帰に向けた支援を行う施設です。

2 最近の都内路上生活者数の推移

(単位:人)
  平成28年度 平成27年度 平成26年度
29年1月 28年8月 28年1月 27年8月 27年1月
冬期 夏期 冬期 夏期 冬期
23区 721 749 744 807 778
市町村 33 36 28 31 38
国管理河川 643 678 701 717 682
合計 1,397 1,463 1,473 1,555 1,498

3 調査方法等

(1) 調査実施日

原則として、平成29年1月10日(火曜日)から同月13日(金曜日)までの間の平日のうち1日(調査時間は昼間)

(2) 目的及び対象者

都内における路上生活者数の実態を把握するため、道路、公園、河川敷、駅舎等の各施設別及び各区市町村別の人数調査を実施

(3) 調査方法

各施設管理者の目視による確認調査とし、直接テントやダンボール等の中を確認したり、路上生活者に対する聴き取りは行っていない。

参考

現在の方式(国管理河川もあわせて調査する方式)での調査を開始した平成14年8月以降で、都内の路上生活者数が最も多かったのは、平成16年8月の6,731人でした。(うち国管理河川の人数1,080人は調査時期が異なるため参考数値)

問い合わせ先
福祉保健局生活福祉部生活支援課
電話 03-5320-4098

ページの先頭へ戻る